パトリシオ・グスマン監督自らナレーション チリの悲劇捉えた『夢のアンデス』予告編

『夢のアンデス』予告編公開

 10月9日に公開されるパトリシオ・グスマン監督最新作『夢のアンデス』の予告編が公開された。

 2019年の第72回カンヌ国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞、インディペンデント批評家賞を受賞した本作は、グスマン監督が『光のノスタルジア』『真珠のボタン』に続き、チリ弾圧の歴史を描いたドキュメンタリー映画。かつてグスマン監督が『チリの闘い』で映像に残した、永遠に失われた輝かしいアジェンデ時代の歴史と、クーデター後、新自由主義の実験の場となってしまった祖国の現状を、アンデスのように俯瞰した視座から改めて見つめ直す。

映画『夢のアンデス』予告編

 予告編は、「山々は歴史の目撃者だ」と語るグスマン監督自身のナレーションとともに、監督の幼少時の記憶に残るマッチ箱に描かれたアンデス山脈からスタート。1973年9月11日の軍事クーデターから独裁政権への移行、ピノチェトが主導する独裁に反対する人々の反抗、その後、新自由主義の実験場となってしまったチリの様子が描かれている。

0813_andes_sub05
0813_andes_sub06
0813_andes_sub07
0813_andes_sub04
0813_andes_sub03
0813_andes_sub02
0813_andes_sub01
previous arrow
next arrow
0813_andes_sub05
0813_andes_sub06
0813_andes_sub07
0813_andes_sub04
0813_andes_sub03
0813_andes_sub02
0813_andes_sub01
previous arrow
next arrow

■公開情報
『夢のアンデス』
10月9日(土)より、岩波ホールほか全国順次公開
監督・脚本:パトリシオ・グスマン
撮影:サミュエル・ラフ
音楽:ミランダ&トバー
編集:エマニュエル・ジョリー、パブロ・サラス
録音:アルバロ・シルヴァ・ウス、アイメリク・デュパス、クレア・カフ
出演:フランシスコ・ガシトゥア、ビセンテ・ガハルド、パブロ・サラス、ホルヘ・バラディットほか
配給:アップリンク
2019年/チリ、フランス/85分/16:9/スペイン語/原題:The Cordillera of dreams
(c)Atacama Productions – ARTE France Cinema – Sampek Productions – Market Chile / 2019
公式サイト:https://www.uplink.co.jp/andes
公式Twitter:https://twitter.com/AndesMovieJP
公式Facebook:https://www.facebook.com/AndesMovieJP



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる