メル・ギブソンが武闘派サンタ役で死闘を繰り広げる 『クリスマス・ウォーズ』10月公開

 メル・ギブソン主演のアクション映画『クリスマス・ウォーズ』が10月1日より公開されることが決定。あわせて日本版キーアートと場面写真が公開された。

 本作は、若い女性の遺体を発見した元警官が犯人探しに奔走する姿を描いたクライムスリラー『スモール・タウン・クライム -回り道の正義-』のイアン・ネルムズ&エショム・ネルムズ兄弟が監督を務めたクリスマス映画。武闘派のサンタクロースが、彼の命を狙う暗殺者と死闘を繰り広げるという企画を温め続けてきた彼らは、ある日『博士と狂人』の役作りで豊かな髭を蓄えたギブソンの姿を見て彼へのオファーを決断し、脚本を気に入ったギブソンも快諾する。そして、『アントマン&ワスプ』や『ヘイトフル・エイト』のウォルトン・ゴギンズ、『秘密と嘘』で第69 アカデミー賞助演女優賞にノミネートされたマリアンヌ・ジャン=バプティスト、『グッド・ボーイズ』などで知られる子役チャンス・ハーストフィールドらが脇を固めている。

 クリス・クリングル(メル・ギブソン)と妻のルース(マリアンヌ・ジャン=バプティスト)は、何百年もの間、雪深いアラスカの森の奥深くに身を潜めてきた。実はクリスはサンタクロースなのだ。しかし、近年は彼の存在を信じない子どもの増加に伴って政府からの報酬が削減され、彼が営むおもちゃ工場と従業員は深刻な財政危機に陥っていた。ある日、彼は危機を脱するため、米国陸軍から依頼された兵器の製造を受託することに。一方、クリスマスの朝、欲しいものはすべて手に入れてきた裕福な12歳の少年ビリー(チャンス・ハーストフィールド)は、クリスマスのプレゼントへの期待を胸に目を覚ます。ところが彼に贈られたのはひとかけらの石炭だった。怒りが頂点に達し、復讐を誓ったビリーは凄腕の暗殺者へサンタクロース抹殺を依頼する。果たしてクリスは愛する仕事とクリスマスを守り切ることができるのか。サンタクロースと米国陸軍、そして最凶の暗殺者による三つ巴の血で血を洗う死闘が幕を開ける。

■公開情報
『クリスマス・ウォーズ』
10月1日(金)公開
監督・脚本:イアン・ネルムズ&エショム・ネルムズ
出演:メル・ギブソン、ウォルトン・ゴギンズ、マリアンヌ・ジャン=バプティスト、チャンス・ハーストフィールド
音楽:モンド・ボーイズ
撮影:ジョニー・デランゴ
編集:トレイトン・リー
配給:クロックワークス
2020年/イギリス・カナダ・アメリカ/カラー/100分/シネマスコープ/英語/5.1ch/字幕翻訳:髙橋彩/原題:Fatman/レイティング:PG12
(c)2020 FATMAN, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト: https://klockworx-v.com/cw/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる