マーベル・スタジオ、2023年までの映画ラインナップ発表 『エターナルズ』初映像も

 マーベル・スタジオ映画の2021年から2023年までのラインナップが特別映像とともに発表された。

 現地時間5月3日にマーベル・スタジオより発表されたのは、マーベル・スタジオ映画の2021年から2023年までのUSラインナップ。

 『アベンジャーズ/エンドゲーム』から2年、7月9日に映画館とディズニープラス プレミアアクセスで同時公開される『ブラック・ウィドウ』からマーベル・ スタジオの映画が劇場に帰ってくる。今回のマーベル・スタジオのラインナップ発表は、今は亡きマーベル生みの親、スタン・リー(マーベル・メディア名誉会長)の言葉とともに、マーベル・スタジオ10年の歴史を振り返り、そしてその作品の数々が映画やエンターテインメントの枠を越えて、いかに世界中の人々に影響を与えてきたかを物語る映像になっている。

マーベル・スタジオ映画が帰ってくる!スタン・リーの言葉とともに贈る特別映像

 また、公開当時、全世界歴代興収ナンバー1映画となった『アベンジャーズ/エンドゲーム』の公開初日の様子も公開。そして、その『アベンジャーズ/エンドゲーム』から2年ぶりに劇場公開されるマーベル・スタジオ最新作『ブラック・ウィドウ』の新映像も公開。9月3日公開の『シャン・チー/テン・リングスの伝説』の新映像、11月5日公開の『エターナルズ』の初本編映像も公開された。

 さらに、2022年7月8日全米公開の『ブラックパンサー』続編が『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー(原題)』(『Black Panther: Wakanda Forever』)、2022年11月11日全米公開の『キャプテン・マーベル』続編が『ザ・マーベルズ(原題)』(『The Marvels』)となることも明らかに。最後は『ファンタスティック・フォー』のロゴで映像は締めくくられた。

 なお、日本における劇場公開スケジュールに関しては、決定次第あらためて発表される。

2021年〜2023年 マーベル・スタジオ映画ラインナップ

・『ブラック・ウィドウ』US/日本公開日:2021年7月9日(金)映画館andディズニープラス プレミア アクセス同時公開
・『シャン・チー/テン・リングスの伝説』US/日本公開日:2021年9月3日(金)劇場公開
・『エターナルズ』US/日本公開日:2021年11月5日(金)劇場公開
・『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(原題)』US公開日:2021年12月
・『ドクター・ストレンジ:イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題)』 US公開日:2022年3月25日公開
・『ソー:ラブ・アンド・サンダー(原題)』US公開日:2022年5月6日公開
・『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー(原題)』US公開日:2022年7月8日公開
・『ザ・マーベルズ(原題)』US公開日:2022年11月11日公開
・『アントマン・アンド・ワスプ:クワントゥマニア(原題)』US公開日:2023年2月17日公開
・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーVol.3(原題)』US公開日:2023年5月5日公開

『ブラック・ウィドウ』(c)Marvel Studios 2021

■公開情報
『ブラック・ウィドウ』
7月9日(金)映画館、ディズニープラス プレミアアクセスで同時公開
※プレミアアクセスは追加支払いが必要
監督:ケイト・ショートランド
出演:スカーレット・ヨハンソン、フローレンス・ピュー、レイチェル・ワイズ
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)Marvel Studios 2021