窪美澄の短編小説を今泉力哉が映画化 志田彩良×井浦新『かそけきサンカヨウ』10月公開

 志田彩良主演映画『かそけきサンカヨウ』が、10月15日より全国公開されることが決定した。

 芸能事務所・テンカラットの設立25周年企画第2弾として製作された本作は、窪美澄の短編集『水やりはいつも深夜だけど』(角川文庫刊)所収の『かそけきサンカヨウ』を映画化するもの。家庭環境のせいで早く大人にならざるを得なかった高校生・陽の葛藤と成⻑を描く。

 窪の短編集から自ら映画化を希望した今泉力哉がメガホンを取り、現在『ドラゴン桜』(TBS系)、『ゆるキャン△2』(テレビ東京ほか)に出演中の志田が主人公・国木田陽を演じる。『ひかりのたび』以来の主演映画となる志田は、今泉監督作品には、『パンとバスと2度目のハツコイ』『mellow』に続く出演となる。また、陽をやさしく見守る父親役を井浦新が務める。

 主演の志田、原作者の窪、今泉監督、宇田川寧プロデューサーからはコメントが寄せられている。

コメント

志田彩良(国木田陽役)

誰かの言葉や存在で少しだけ心が軽くなる。
自分よがりでない相手を思う気持ちの大切さに改めて気づかされました。
戸惑いながらも前に進んでいく陽の強さも弱さも全部が愛おしくて、大好きな今泉組で陽として過ごした時間は大切な宝物です。
密かに目標の一つとしていた今泉組での主演が、まさか本当に、そしてこんなにも早く叶う日が来るとは想像もしていなくて嬉しさと有難い気持ちでいっぱいです。
大変な状況下ではありますが少しでも多くの方に届く事を祈っています。
そして、この作品が誰かの救いとなりますように。

窪美澄(原作者)

人と人との境目はがっちりとした強固なものではなく、淡く滲んでいたほうがいい。
年齢を重ねるにつれ、そんなことを強く思うようになりました。
そう思っていたほうが人は深く息ができるからです。
親子、恋愛、友情、この映画にはさまざまなことが描かれていますが、人と人との縁の不思議さ、淡く行き来する感情のようなものを今泉監督は原作のなかから丁寧に掬いあげてくださいました。
やさしさ、誠実さ……、雑多な日常のなかでそういうものを私たちは忘れてしまいがちですが、この映画を見終わったあとには、自分のなかのそういう光の部分をもう一度大切にしてあげようと思えます。
ぜひ、たくさんの方に見ていただければ、原作者としてこれほどうれしいことはありません。
そして、こんなにやさしい映画にしてくださった今泉監督、ありがとうございました。

今泉力哉(監督)

窪さんの小説はいつも、どこか弱い人、何かが欠けている人、人生がうまくいかない人について描いている気がします。私もずっとそういう人を描いていきたいと思っていて、今まで映画をつくってきました。
強さではなく弱さについての物語。小説『かそけきサンカヨウ』を読んだ時に感じたのは、その弱さが単純なものではなく、曖昧で、強さとも表裏一体であること。嫌いになってもおかしくない相手に確実にもっている愛情。恋愛と呼べるかわからないようなモラトリアムの時間。気丈に振舞っているけど実は張り詰めている感情の機微。言葉にするなら、ある家族の再生の物語、とかなのかもしれませんが、言葉では説明できない細微な感情をめいっぱい詰めこんで映画にしました。
何度もご一緒して絶対的な信頼を置いている志田さん、いち映画ファンとして憧れでもあった井浦新さん、また、スタッフに支えられて生まれたこの映画を見た誰かの体温を少しだけあげることができたら。
秋の日の陽気の中で。

宇田川寧(プロデューサー)

『かそけきサンカヨウ』を映画にしたいと監督からお話をいただいたのはちょうど、『パンとバスと2度目のハツコイ』の撮影前でした。その作品で初めて志田さんとご一緒しましたが、あのほっこりした笑顔とともにある、その凛とした佇まいと内面にある意志の強さを感じ、瞬間的に『かそけき〜』の陽がいましたねと、監督と話したのを覚えています。上品でチャーミング、彼女の魅力のおかげで、より一層作品に余韻を与えてくれました。

井浦新

■公開情報
『かそけきサンカヨウ』
10月15日(金)より全国公開
監督:今泉力哉
脚本:澤井香織、今泉力哉
出演:志田彩良、井浦新
原作:窪美澄『水やりはいつも深夜だけど』(角川文庫刊)所収『かそけきサンカヨウ』
配給:イオンエンターテイメント
(c)2020 映画「かそけきサンカヨウ」製作委員会