草笛光子、頼朝の乳母・比企尼役で『鎌倉殿の13人』出演 「覚悟してお待ちしています」

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、比企尼役を草笛光子が演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 比企尼は、源頼朝(大泉洋)の乳母で、不遇時代の頼朝を支えた最大の功労者と言われる人物。

 草笛は、頼朝を演じる大泉洋と『真田丸』でも共演。「大泉洋さんは当時白いチョコレートが好きと私が言ったら、北海道に行く度にチョコレートを買ってきてくれました。またもらえるのかしら? 同じく『真田丸』でご一緒した迫田孝也さんは、毎年1度真田丸のキャストが集まる忘年会の幹事をしてくれます。真田丸の第一声も彼のセリフからでした。同じく『真田丸』でご一緒した栗原英雄さんは、以前お買い物に付き合ってくれて一緒にお寿司を食べました」と『真田丸』での共演者と再び作品に臨める喜びを明かした。

草笛光子 コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

比企尼は頼朝の乳母で不遇時代の頼朝を支えた最大の功労者と言われている方、頼朝が伊豆に流されてから20年にもわたり支えたそうです。
三谷さんの作品ですから一筋縄ではいかないでしょう。覚悟してお待ちしています。
演技力、人間味を兼ね備えた魅力ある役者さんたちとご一緒できることで、私も若返ります!

大河ドラマ出演について

『葵 徳川三代』で高台院を演じました。役作りのため京都の高台寺に出向き「ここから火事を見たはず」と言ったら、高台から遠方の火事を見守るシーンが追加されました。実際の体験をもとに新たなシ ーンを作って下さったのは印象深い思い出です。
『真田丸』では祖母とりの最期「ちと、早すぎた」という台詞、リハーサルでは共演者のみなさんも笑いをこらえるので必死、笑わさずどう演じるか1週間悩みました。放送後に三谷さんから「自分で書いた台本なのに涙が出ました。僕もこれからしっかり生きて行こうと思います」とメールをいただきました。リアルではあるまじきことをリアルにする、私の女優人生の中で印象に残るシーンの1つです。

三谷幸喜作品への出演について

最初の三谷作品舞台『ロスト・イン・ヨンカーズ』で、私が悩んでいたら「大丈夫、その暗闇の中を僕が手を引いて歩いてあげますからついてきてください」と言ってくださった。その言葉にすっかり安心してこの方についていこうと思いました。最近この話をしたら「僕そんなこと言ったかな」とおっしゃって、照れているのでしょうか。三谷さんは、何が飛び出してくるかわからない方。でもそれが演劇であり、芝居の醍醐味だと思います。これからも付いていこうと思います。

共演者について

素晴らしい役者さんがたくさん出演されるので、今から楽しみです。 真田丸でご一緒した大泉洋さんは、当時白いチョコレートが好きと私が言ったら、北海道に行く度にチョコレートを買ってきてくれました。またもらえるのかしら? 同じく『真田丸』でご一緒した迫田孝也さんは、毎年1度真田丸のキャストが集まる忘年会の幹事をし てくれます。真田丸の第一声も彼のセリフからでした。同じく『真田丸』でご一緒した栗原英雄さんは、 以前お買い物に付き合ってくれて一緒にお寿司を食べました。「ロスト・イン・ヨンカーズ」でご一緒した 小林隆さんはいつもやさしい方。他、魅力的な役者さんが大勢いらっしゃるので皆さんとお芝居できる こと楽しみにしています。

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK