八嶋智人「メガネを捨て挑みます」 “猛者中の猛者”武田信義役で『鎌倉殿の13人』出演

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、武田信義役を八嶋智人が演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 武田信義は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。甲斐源氏の棟梁であり、戦国時代の名将・武田信玄は遠い子孫にあたる。

 八嶋は三谷作品常連の役者。起用される理由については、「お呼びがかかる時は必ず『根拠のない自信家』という役。三谷さんの中で、そんなキャラクターが必要な時に呼ばれる役者です。今回もそうなのかしら?」と分析。また、「いつも同じような役で呼ばれるのですが、見せて下さる風景はいつも違う! いつも僕を新しい場所に連れてってくれる。本当に有難いです」と三谷への感謝を述べた。

八嶋智人 コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

武田信義は、頼朝・義仲と共に源氏の棟梁。互いにライバル関係でもある。甲斐武田の源流でもあり、のちの歴史では、あの武田信玄をも生み出した。一ノ谷の戦いや壇之浦の戦いにも参戦したといわれる猛者である。当然そんな猛者中の猛者を演じるのだから、メガネを捨て挑みます。捨て身です。彼の人生の後半はどうやら謎に包まれていますので三谷さんのアレンジにも期待して作品を生き たいと思います。

大河ドラマ出演について

2004 年三谷幸喜脚本の初大河ドラマ『新選組!』への出演は、今でも宝物のような思い出です。三谷さんが伝統ある大河ドラマに小劇場の役者をたくさん導いてくれて、撮影中の興奮と緊張は、もしかしたら当時の新選組の隊士達の姿をリアルに写していたのかなと思ったり。大河ドラマという長い期間を共に生きるという事で役と自分が本当に一体化する。演じる事をも忘れるほど物語を共演者と共に 生きる。なかなかない経験だなとつくづく思います。

三谷幸喜作品への出演について

三谷作品の常連役者と思われる事も多いのですが、実はそんなに参加していないのです。お呼びがかかる時は必ず『根拠のない自信家』という役。三谷さんの中で、そんなキャラクターが必要な時に 呼ばれる役者です。今回もそうなのかしら? 『新選組!』では武田観柳斎役でしたので、大河ドラマで言えば今回も武田だし。繋がってなくもなくて一人でニヤニヤしてます。いつも同じような役で呼ばれるのですが、見せて下さる風景はいつも違う! いつも僕を新しい場所に連れてってくれる。本当に有難いです。

共演者について

主演の小栗旬くんとは何となく家族のような気持ちなので、久しぶりの共演、本当に嬉しいです。もちろん山本耕史くんや小林隆さん、中村獅童くん等の新選組のメンバーとの再会も楽しみです。そして坂東彌十郎さんは三谷歌舞伎『月光露針路日本』で共演し、ますます大好きになった。北条時政というなかなかの曲者の親父を早く観てみたいです。あとは北条政子の小池栄子ちゃん。波瀾万丈な尼将軍をどう演じるのか楽しみです。

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK