『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』平手友梨奈の新場面写真公開 心を閉ざした車椅子の少女に

 6月18日公開の映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』より、新たな場面写真が公開された。

 本作は、累計発行部数800万部の人気を誇る南勝久のコミック『ザ・ファブル』(講談社『ヤンマガKC』刊)を映画化した2019年公開の『ザ・ファブル』の続編。主演の岡田准一のほか、木村文乃、堤真一、平手友梨奈、安藤政信、山本美月、佐藤二朗、佐藤浩市らが出演する。

 公開された場面写真は、平手演じる、心を閉ざした車椅子の少女・ヒナコの姿を捉えたもの。拳銃を手に持ち、決意を固める力強いヒナコの様子や、宇津帆(堤真一)から殺された両親の死の“真相”を聞かされ、怒りと哀しみ、そして困惑が入り交じった複雑な表情のほか、脚が不自由な役ということで、車椅子の扱い方の指導も受けたというヒナコがアキラと出会う公園のシーンのメイキングの様子も切り取られている。

 4年前に起きた“ある事件”でファブル(岡田准一)が救えなかった車椅子の少女・ヒナコ(平手友梨奈)は、高校生の時に何者かに両親を殺され、心を閉ざしながらもその復讐だけを生きがいにしながら過ごしている。そして、表向きは子供を守るNPO代表だが、裏では緻密な計画で若者を殺す最狂の男・宇津帆(堤真一)と行動をともにする。そんな中、ヒナコは公園の鉄棒でリハビリをしている時にアキラ(ファブルの偽名)と出会う。2人の偶然の再会をきっかけに、過去の因縁に導かれた大騒動へと発展していく。

 平手は本作の出演に際して、「大ヒットした作品のシリーズ化、そして今作のヒロインということで不安とプレッシャーがすごくありました」とヒロイン役のオファーがあった当時を振り返り、「なぜ私なんだろうとビックリした」とコメントしたが、原作者の南勝久は、「ヒナコ役の平手友梨奈さんは僕の第一希望でした」と太鼓判を押す。

 不安があったという平手だが「今までやったことのない役柄でしたが、原作の漫画も読ませていただいて、ヒナコがだんだんと成長していく姿が素敵だなと思ったので、チャレンジしたいなと思いました」と撮影を語った。

 江口カン監督も「魂を揺さぶる熱演」と平手の演技を称賛。平手も「私なりのヒナコを精一杯表現したつもりです。前作とはまた違った魅力があると思うので、皆さんに届く作品になることを願っています」と作品をアピールした。

■公開情報
『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』
6月18日(金)全国公開
出演:岡田准一、木村文乃、平手友梨奈、安藤政信、黒瀬純、好井まさお、橋本マナミ、宮川大輔、山本美月、佐藤二朗、井之脇海、安田顕、佐藤浩市、堤真一
原作:南勝久『ザ・ファブル』(講談社『ヤンマガKC』刊)
監督:江口カン
アクション監督:横山誠
ファイトコレオグラファー:岡田准一
主題歌:レディー・ガガ&アリアナ・グランデ「レイン・オン・ミー」(ユニバーサル ミュージック)
配給:松竹
企画・製作:松竹×日本テレビ
制作プロダクション:ギークサイト
(c)2021『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』製作委員会
公式サイト:https://the-fable-movie.jp/
公式Twitter:@the_fable_movie
公式Instagram:@fable_movie