桜田ひよりが高橋ひかるの妹役、工藤阿須加がその婚約者に 『春の呪い』主要キャスト発表

 高橋ひかる主演ドラマ『春の呪い』の追加キャストとして、工藤阿須加と桜田ひよりの出演が発表された。

 『このマンガがすごい!2017』の「オンナ編」で第2位にランクインした小西明日翔の人気漫画を実写ドラマ化する本作は、最愛の妹を亡くした主人公が恋したのは、妹の婚約者だった……という展開から始まるラブストーリー。

 今回発表されたのは、最愛の妹を亡くした主人公・夏美(高橋ひかる)とともに、物語の中心となる主要キャスト2名。夏美の妹・春の婚約者で、容姿端麗な上に財閥系の御曹司でもある青年・柊冬吾役に工藤が決定。テレビ東京の連ドラ出演は初となる。また、病気で他界してしまう夏美の妹・立花春役で桜田の出演が決定した。

『春の呪い』原作1巻・2巻書影 (c)小西明日翔/一迅社

工藤阿須加(柊冬吾役)コメント

『春の呪い』ドラマ化でのオファーを受けた時の感想

人気のある漫画の実写化だったので、原作の雰囲気を大事にしながらドラマに取り組みたいと思いました。

原作を読んだ感想

登場人物がそれぞれどこかズレていて、狂っている。
ただ、それが普通で、人間臭いところが読んでいて惹かれました。痛みが残る素敵な漫画でした。

柊冬吾という役を演じるにあたっての思い、意気込み

生まれながらにして、周りが求める人間に、レールを敷かれた人生。自己主張を押し殺された環境の中で、夏美との出会いで次第に葛藤が滲み出てくるところを大事に演じさせていただきたいと思います。

視聴者へメッセージ

漫画の雰囲気とは少し違う部分もありますが、大切に作品と向き合いながら完璧でない人間臭さが愛おしく思える作品になっていると思います。
癒えない傷を抱えながら突き進む夏美と冬吾を楽しんでいただけたらと思います。

桜田ひより(立花春役)コメント

『春の呪い』ドラマ化でのオファーを受けた時の感想

春から見た夏美と冬吾が一体どのように見えているのか10代の女の子誰しもが持っている感情が痛いほど伝わってきました。
とても魅力的で可愛らしい春に早くなりたいと思いました。

原作を読んだ感想

所々コメディ要素が入っていて、暗い作品が苦手な方でも読みやすいなと感じました。

立花春という役を演じるにあたっての思い、意気込み

自分が理想とする可愛らしい女の子を演じさせていただいています。

視聴者へメッセージ

主演の高橋ひかるさんとは、衣装合わせの時に初めてお会いしましたが、私服が双子コーデでお互い驚きました(笑)。
他のキャストの皆さんもスタッフの皆さんも素敵な方ばかりで、温かい雰囲気に包まれながら絶賛撮影中です。
今までにない不思議な三角関係をお楽しみください。

稲田秀樹プロデューサー(テレビ東京ドラマ室)コメント

先日の初発表以来、早くもネット上などで話題になっている問題作『春の呪い』の主要キャスト2人がようやく発表の運びとなりました。主人公・夏美の妹役に桜田ひよりさん、そしてその婚約者であり、姉の夏美に心を寄せていく冬吾役に工藤阿須加さん。原作を読んだときに思い浮かんだお二人がそのまま現実のキャストとなる奇跡が起きました。工藤さんにはいつもの爽やかなイメージを覆すような内省的でクールな大人の男の役に挑戦して頂きたかったですし、桜田さんにはその独特な空気感と演技力で、現実と幻影の二役を演じ分けて頂きたいと思っています。お二人とも恋愛ドラマの経験が少ないとおっしゃっていたので、そういう意味でも新鮮ですし、思い切ったトライぶりを楽しみにして頂けたらと思います。高橋ひかるさんと3人が奏でる「新しい形のラブストーリー」に是非ご期待ください。

※高橋ひかるの「高」はハシゴダカが正式表記

■放送情報
サタドラ『春の呪い』
テレビ東京系にて、5月22日(土)スタート 毎週土曜23:25〜放送
動画配信サービス「Paravi」にて1週間先行配信(予定)
出演:高橋ひかる、工藤阿須加、桜田ひよりほか
原作:『春の呪い』小西明日翔(ZERO-SUMコミックス/一迅社刊)
監督・脚本:落合正幸
チーフプロデューサー:稲田秀樹(テレビ東京)
プロデューサー:矢ノ口真実(The icon)、渋谷未来(The icon)
制作協力:The icon(ジ・アイコン)
製作:テレビ東京
(c)テレビ東京
公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/harunonoroi/
公式Twitter:@tx_harunonoroi