『恋はDeepに』第1話で“ヒミツ”と直面!? 石原さとみ×綾野剛による最強のラブコメが誕生

 この春、地上で一番Deepな恋が始まろうとしている。4月14日から放送を開始する『恋はDeepに』(日本テレビ系)は、海を愛する魚オタクの海洋学者の海音(石原さとみ)とツンデレ御曹司の倫太郎(綾野剛)が、運命の恋に落ちる様子を描くラブコメディだ。W主演の石原と綾野に加え、今田美桜、大谷亮平、渡邊圭祐、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)など、今をときめく俳優陣が集結し、海と陸を舞台に作品を盛り上げる。

 海洋学者の海音は海の生き物が大好きで、自宅でも研究室でも熱心に魚たちの世話をしている。海音にとって、海洋生物たちに負担のかかる巨大マリンリゾートの建設はなにがなんでも阻止したいものであった。しかしひょんなことから、海音はそのリゾート開発の陣頭指揮をとる倫太郎と顔を合わせることになる。クールでツンデレ、その上、海音とはリゾート開発で衝突する存在である倫太郎。海音と出会うものの、ふたりの仲は一筋縄ではいかなかった。

 明るく優しく、ちょっぴり押しに弱いが、海のこととなれば真剣になる海音。しかし、倫太郎との間になにか特別な“感情”が流れていることは確か。目的も考えていることも全く異なるふたりがどう距離を縮め恋に落ちるのかが、今後の大きな注目ポイントになるだろう。

 ヒロインを演じる石原は、そのふんわりとした空気感で海音本来の優しさを巧みに表現する。一方で、真っ直ぐな視線からは海を守りたいという強い意志が伝わり、ヒミツを抱えた新たなヒロイン像を好演。綾野は、持ち前の鋭い瞳でストイックに仕事に取り組む倫太郎を演じつつも、時折見せるツンデレの“デレ”で視聴者を虜にすること間違いなし。最強のふたりが描く最強のラブコメがここに誕生した。