松たか子、岡田将生とのLINE交換に躊躇? 松田龍平は会見中に着信音鳴るハプニング

 4月13日より放送がスタートするカンテレ・フジテレビ系ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』のリモート制作発表会が4月7日に行われ、松たか子、岡田将生、角田晃広(東京03)、松田龍平が出席した。

 本作は、『カルテット』(TBS系)、『最高の離婚』(フジテレビ系)などを手がけた脚本家・坂元裕二のオリジナル作品。バツ3・子持ちの社長・大豆田とわ子(松たか子)が、“三人の元夫”に振りまわされながら日々奮闘するロマンティックコメディーで、離婚してもなお、とわ子のことが忘れられない元夫を松田、角田、岡田が演じる。

松たか子

 「現在も絶賛撮影中」と報告した松は、「(とわ子の言動を)素直に言えたり、やれたりするのはなんでだろうなと思いながら、のびのびやらせてもらっています」と心境を明かした。

 一方、理屈っぽくてひねくれ者の役柄を演じる岡田が「最初はどうかなと思っていたんですけど、どんどん自分の中に浸透していって。ふだん会話している時も口が悪くなってきた」と語ると、角田から「嫌われますよ?」と忠告が。岡田は「今回結構嫌われ役なんですけど、それはそれでしっくりきてる」と笑い、「かわいらしい部分もあるので、楽しんで観ていただけたら」と呼びかけた。

 続いて「器が小さい役」と紹介された角田が「器の大きい男を演じるよりは、スッと入ってきますね」と淡々と語ると、笑いをこらえきれないキャストたち。「器が小さいのは悪いことではなくて、正しいことを言っているつもり」と声を大にする角田だったが、岡田は「(劇中で意見を述べる際に)急に声が大きくなって、器の小ささがそこに集約されている」とニヤリ。「今、声のボリュームを上げたこともディスってるんですか?」と言う角田に、再びキャストたちは大爆笑するなど、空気感の良さを見せた。

(左から)角田晃広、岡田将生

 会見中、たびたび角田から「声が小さいのよ」とツッコミが入るも、「そうかなぁ」と動じずトークを展開するのは松田。演じる八作は自然と女性にモテるキャラクターで、「どうやったらモテるんだろうなって考えたんですけど、『八作はとにかくモテるから』と言われて、一回考えるのをやめようと思って」と役作りを回顧。「演じるうちに八作は受け皿的な人なのかなって。自分から求めない代わりに、相手によって変わっていくというか。僕も演じていておもしろい」と明かした。

(左から)角田晃広、岡田将生、松たか子、松田龍平