ピクサー最新作『あの夏のルカ』が劇場公開からディズニープラス配信に 追加料金は不要

 ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社が、6月18日より劇場公開を予定していたピクサー最新作『あの夏のルカ』を、6月18日よりディズニー公式動画配信サービスDisney+(ディズニープラス)で独占配信することを発表した。

 本作は、第84回アカデミー賞短編アニメーション賞にノミネートされた、ピクサーの短編アニメーション『月と少年』を手がけたエンリコ・カサローザ監督が、美しいイタリアの港町を舞台に描くサマー・ファンタジー・アドベンチャー。人間の世界への好奇心を止められないシーモンスターの少年・ルカは、“ある秘密”とともに海の掟を破り、親友と一緒に人間たちが暮らす町にやってくる。ルカの“禁断の憧れ”はやがて、驚くべき奇跡を巻き起こす。

 ディズニープラスは、ディズニーがグローバルで展開する定額制公式動画配信サービス。本作は、追加料金を支払うことなく、ディズニープラス加入者であれば誰でも鑑賞することができる。

■配信情報
『あの夏のルカ』
6月18日(金)より、ディズニープラスで配信開始
(c)2021 Disney/Pixar. All Rights Reserved.