チャドウィック・ボーズマンの吹き替え担当・田村真が語る 『21ブリッジ』特別映像

 チャドウィック・ボーズマンが主演・プロデュースを務めた『21ブリッジ』の特別映像が公開された。

 2020年8月28日、ガンのため43歳の若さで亡くなったボーズマンが主演を務めた本作は、ニューヨークのマンハッタン島を舞台に、警察官の父を殺害された過去を持つアンドレ刑事(チャドウィック・ボーズマン)が、孤立無援の中、街ぐるみの犯罪に挑むクライム・アクション・ミステリー。

 『アベンジャーズ/エンドゲーム』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の監督ほか、多くのヒット作を手がけるジョー・ルッソ&アンソニー・ルッソ兄弟が製作を務め、『ゲーム・オブ・スローンズ』などのブライアン・カークが監督を担当。共演には、『アメリカン・スナイパー』のミラー、『バトルシップ』のテイラー・キッチュ、『セッション』のJ・K・シモンズらが名を連ねている。

特別映像「2分でわかる『21ブリッジ』

 公開されたのは、『ブラックパンサー』ほか数々の作品でボーズマンの日本語吹き替えを担当してきた田村真が、ボーズマンの歴史と共に本作の魅力をナビゲートする特別映像。田村は、ボーズマンについて「『ブラックパンサー』の大成功を機に、世界中の人達が更なる活躍に期待を膨らませた事と思います。チャドウィックさんが演じるキャラクターをもっともっと観たかった。そして、もしそのキャラクターを僕が吹き替えさせて頂く事が続いたら、いつの日かチャドウィックさんに会えるのではないかと、そんな夢のまた夢見たいな事も想像したものです。世界中で一番会いたい人でした。残念でなりません」と追悼の意を表した。

 また、「童顔でとても柔和な印象がありますが、演じたのは、困難にも敢然と立ち向かう、厳しくもあり芯の強い役が多かったと思います。これはチャドウィック・ボーズマンその人自身が、毅然とした態度で、世間や世界と対峙するんだという信念の表れだったのではないかと想像します。チャドウィック・ボーズマンが備え持った品性を、吹き替えで無くさないよう、どの役を演じるにあたっても意識しました」と今までボーズマンを演じてきたことについて意識している点などを語っている。

■公開情報
『21ブリッジ』
4⽉9⽇(金)全国ロードショー
監督:ブライアン・カーク
脚本:アダム・マーヴィス、マシュー・マイケル・カーナハン
製作:ジョー・ルッソ、アンソニー・ルッソ
出演:チャドウィック・ボーズマン、シエナ・ミラー、テイラー・キッチュ、J・K・シモンズほか
配給:ショウゲート
2019/中国・アメリカ/99分/原題:21 Bridges
(c)2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:21bridges.jp
公式Twitter:@21bridges_jp
公式Facebook:https://www.facebook.com/21Bridgesmoviejp