『ボス恋』最終回が描いた“本当に大事なもの” 奈未と潤之介だからこそ見つけられた愛の形

 「夢に蓋をしてそれで笑えなかったら、それも意味ないんじゃないかなって。もしかしたら夢っていつかいっぱいいっぱい笑いたいから、今大変でも困難でも見てしまうものなんじゃないかな」――『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系)最終話では、奈未(上白石萌音)がこれまで心の支えにしてきた潤之介(玉森裕太)からの「夢に縛られたり夢を持つことに囚われて笑えなければ意味がない」という言葉に対するアンサーが描かれた。

 仕事面でも恋愛面でも宝来姉弟を通して成長してきた奈未が、最終話では見事その2人に“本当に大事なもの”を思い起こさせていた。

 ただ、最終話でナイスアシストが光ったのは潤之介の専属カメラアシスタントだった芦尾(亜生)の計らいだ。潤之介の写真たちをどうしても捨てられないからとこっそりレンタル倉庫に保管しており、奈未に相談する。

 奈未が潤之介に「私の彼氏になってください。フリでいいんで」とお願いするあたりは、まさにこの2人の出会った当初とデジャヴな様子が、逆転した立場で描かれていた。そして最後に向かったレンタル倉庫で潤之介の作品に囲まれながら奈未が発したのが冒頭の言葉だ。

 さらに、奈未に自分の夢を自覚させたのが理緒(倉科カナ)の極め付けの一言だったように、ここでも理緒が一役買って出る。手術は無事終わったもののプロの演奏家としての復帰は難しい実情を伝えた上で、それでも晴れやかな顔をして言うのだ。「夢に向かって頑張れたこと、後悔してないよ。潤ちゃんはどうなの? 潤ちゃんももっとわがままになっていいんだよ」。自分は夢を諦めざるを得ない状況にある理緒がそれでも背中を押してくれる「それでいいの?」という問いかけもきっと潤之介の気持ちを動かしたことだろう。

 潤之介は遂に父親に“実家は継げない”と切り出す。「今まで挑戦することから、勝負から逃げてた。もしかしたら全然うまくいかないかもしれない。でも俺もう逃げたくない」

 パリ留学に行く麗子(菜々緒)には「上手くいかなかったらどうするんだ。もったいない」と切り捨てていた父親も、その後の麗子の仕事に取り組む姿勢を見て思い直したのだろう。麗子からのお願いもあって今回は潤之介を応援する側に回ってくれたのだった。