松井玲奈、単独初主演映画『幕が下りたら会いましょう』11月公開 妹役に筧美和子

 松井玲奈が単独初主演を務める映画『幕が下りたら会いましょう』が11月に公開されることが決定。あわせて特報映像とティザーポスターが公開された。

 本作は、姉妹が現代社会の抱える問題に直面しながら、不器用にもまっすぐ生きる姿を描く人間ドラマ。本作が長編映画初挑戦となる前田聖来が監督を務める。

 主人公の斎藤麻奈美を松井が演じ、麻奈美の妹・尚役で筧美和子、麻奈美の母・京子役でしゅはまはるみが出演する。

 公開された特報映像は、主人公の麻奈美を演じる松井の衝撃的な映像から始まり、出演者の様々な感情が切り取られている。あわせて公開されたティザーポスターには、麻奈美と妹の尚という対象的な2人が“静と動”で表現されている。JamFlavorが手がける主題歌「CRY~戻りたい夜を~」は、脚本制作段階から映画に合わせて制作されており、音楽配信代行サービス「BIG UP!」にて秋頃配信予定となる。

『幕が下りたら会いましょう』特報映像

コメント

松井玲奈

撮影期間中、ずっと深い穴に落ちたような気持ちでした。演じた麻奈美の心の糸がそれだけ絡まっていたのだと思います。撮影が終わった今も麻奈美や尚のことを思い出します。あの時こうしていれば、そんな局面は人生で誰にでもあって、見終わった後、自分にとっての「あの時」に素直な気持ちで触れられる作品になっていると感じています。

筧美和子

撮影が終わって日が経った今でも、この作品の1シーン1シーンが色濃く残っています。演技をする上で前田監督がとても繊細な心理描写にこだわってアドバイスをくださりました。改めて人の心の中、頭の中はとても複雑にさまざまな感情が混在していて、それを表現することの難しさ、楽しさを感じました。初めてのダンスや泥酔するシーンもあり、とても不安でしたが周りの方にサポートしていただきながら今出来る精一杯を振り絞りました。完成を楽しみにしています。そして多くの方に届くことを願っています。

前田聖来監督

コロナ禍で制作した本作が、まずキャスト・スタッフ陣が健康にここまでこれたということに感謝しています。企画段階から松井さんと打ち合わせを重ね、普段の制作とは違う刺激を受けながら作品を作り上げていくことができました。そうして生まれた多数のキャスト陣が織り成す、人間臭くどこか愛おしいキャラクターにもぜひ注目して頂きたいです。孤独感を感じる事も多い今、周りの大切な人々へ想いを伝えるきっかけとなる作品にできたらと思っています。

■公開情報
『幕が下りたら会いましょう』
2021年11月、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
出演:松井玲奈、筧美和子、しゅはまはるみ、日高七海、江野沢愛美ほか
監督:前田聖来
脚本:大野大輔、前田聖来
配給:SPOTTED PRODUCTIONS
製作・宣伝:エイベックス・エンタテインメント
制作協力:Ippo
(c)avex entertainment Inc
公式サイト:http://makuai-movie.com