中条あやみ、竹内涼真に銃口を向ける 『君と世界が終わる日に』第9話新場面写真公開

 毎週日曜22時30分から日本テレビ系で放送中の竹内涼真主演ドラマ『君と世界が終わる日に』より、本日3月14日に放送された第9話の新場面写真が公開された。

 日本テレビ×Huluの共同製作ドラマとなる本作は、地上波ゴールデン帯の連続ドラマとしては日本初となる死と隣り合わせの“終末世界”で繰り広げられる本格ゾンビ作品。日本テレビ系日曜ドラマとしてSeason1の全10話で一度完結後、3月よりHuluオリジナルとしてSeason2の全6話が配信される。

 自らの手で来美(中条あやみ)に弓を射ってしまったことに言葉を失う響(竹内涼真)。だが、第9話では、一命を取り留めた来美は致命傷を負いながらも駐屯地で処置を受け、驚異的な回復力を見せていた。そんな中、駐屯地グループとの衝突で撃たれた紹子(安藤玉恵)の容体が悪化。響たちは抗生剤を手に入れるため、紹子を撃った勝利(田中奏生)の身と引き換えに交渉を決意する。そこで駐屯地から無線機で交渉に応じたのは、来美だった。交渉の場に医師として来美も同席することを約束させた響は、“今も愛している”ことが来美だけに伝わるメッセージを残し、通信を終える。取引の日、念願の再会に万感の思いがこみ上げる響は、来美に手を差し伸べて「一緒に帰ろう」と涙をにじませる。しかし、なんと来美は落ちていた拳銃を拾い上げ「さよなら」とつぶやくと、その銃口を響に向けるのだった。

■放送情報
『君と世界が終わる日に』
Season1(全10話):日本テレビ系にて毎週日曜22:30〜放送
Season2(全6話):Huluにて、3月配信開始
出演:竹内涼真、中条あやみ、笠松将、飯豊まりえ、大谷亮平、笹野高史、マキタスポーツ、安藤玉恵、横溝菜帆、滝藤賢一
脚本:池田奈津子
音楽:Slavomir Kowalewski A-bee
主題歌:菅田将暉「星を仰ぐ」(Sony Music Labels Inc.)
制作:福士睦、長澤一史
チーフプロデューサー:加藤正俊、茶ノ前香
プロデューサー:鈴木亜希乃、鬼頭直孝、伊藤裕史
協力プロデューサー:白石香織
演出:菅原伸太郎、中茎強、久保田充
制作協力:日テレアックスオン
製作著作:日本テレビ、HJ Holdings,Inc.
(c)日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/kimiseka/
公式Twitter:@kimiseka_ntv
公式Instagram:@kimiseka_ntv