ソン・ガンホが文字作りに挑む世宗大王に 『王の願い ハングルの始まり』6月25日公開へ

 ソン・ガンホ主演映画『The King’s Letters』が、『王の願い ハングルの始まり』の邦題で6月25日より公開されることが決定した。

 本作は、ソン・ガンホが独自の文字創製のため命を懸けた世宗大王を演じる史劇エンターテインメント。朝鮮王朝史上屈指の名君とされる世宗大王と卑賤な僧侶が朝鮮固有の新たな文字を生み出そうとした奮闘の日々を描く。

 朝鮮第4代国王・世宗の時代。一部の上流階級層だけが特権として中国の漢字を学び使用している状況をもどかしく思う世宗が、庶民でも容易に学べて書くことができる朝鮮独自の文字を作ることを決意。何カ国もの言語に詳しい和尚シンミとその弟子たちを王宮に呼び寄せる。しかし臣下たちは、国の最高位である王様が最下層の僧侶と手を取り合い、庶民に文字を与えようとしている前代未聞の事態に激しく反発。逆境と葛藤のなか、世宗王とシンミは民へ贈る新たな文字作りに突き進んでいく。

 全ての民が文字を読み書きできる国を夢見た世宗王を演じたのは、『パラサイト 半地下の家族』のソン・ガンホ。民衆のため、独自の文字創生に命を懸けた世宗王という役どころに挑んだ。また、王に反発心を抱きながらもいつしか支え合うシンミ和尚に『慶州(キョンジュ)ヒョンとユニ』のパク・ヘイルが扮し、本作が遺作となったチョン・ミソンが王后役として登場。3人にとっては『殺人の追憶』以来16年ぶりの共演作となった。また、ドラマ『愛の不時着』のタン・ジュンサンが若き僧侶役で出演。『王の運命 -歴史を変えた八日間-』の脚本で映画評論家協会賞最優秀脚本賞ほか多くの賞に輝いたチョ・チョルヒョンが本作で監督デビューを飾り、脚本も担当した。

 あわせて公開されたポスタービジュアルでは、赤と金色の艶やかな朝鮮王朝の王衣を着た世宗(ソン・ガンホ)と、灰色の質素な僧侶の衣装を着たシンミ和尚(パク・ヘイル)が向き合う様子、そして世宗の物憂げな表情を正面から捉えた姿が切り取られている。「国のために、民衆のために――」というコピーが添えられている。

■公開情報
『王の願い ハングルの始まり』
6月25日(金)より、シネマート新宿ほか全国順次公開
監督・脚本:チョ・チョルヒョン
出演:ソン・ガンホ、パク・ヘイル、チョン・ミソン、キム・ジュンハイ、チャ・レヒョン、タン・ジュンサン
配給:ハーク
2019年/韓国/韓国語/110分/ 5.1chデジタル/スコープサイズ/英題:The King’s Letters/字幕翻訳:福留友子
(c)2019 MegaboxJoongAng PLUS M,Doodoong Pictures ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:http://hark3.com/hangul/