中川大志と岡山天音が激しくぶつかり合う 『FUNNY BUNNY』予告編&ポスター公開

 4月29日より全国の劇場で公開、auスマートパスプレミアムにて配信される中川大志主演映画『FUNNY BUNNY』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

 

本作は、『ステップ』『虹色デイズ』『荒川アンダー ザ ブリッジ』などの飯塚健監督が手がけ、のちに監督自らの手によって小説化もされた、2012年上演の同名舞台を映画化したもの。主人公の剣持聡を中川が演じ、中川演じる剣持の相棒・漆原聡役を岡山天音が務める。さらに、関めぐみ、森田想、レイニ、ゆうたろう、落合モトキ、田中俊介、東京03の角田晃広、菅原大吉らが脇を固める。

 自称小説家の剣持聡と親友の漆原聡は、愛くるしいウサギの着ぐるみに扮して、区立図書館に向かう。その目的は図書館を襲撃するため。果たして二人の目的とは。そして数年後、物語はもう1つの事件「ラジオ局電波ジャック」へと展開する。ウサギの着ぐるみによる“図書館襲撃”と“ラジオ局電波ジャック”、2つの事件に隠された謎と悲しい真実が明かされた時、おかしくて、切ない物語は加速する。自殺志願者を見分ける能力を持つ、自称“小説家”の剣持聡が、自らの正義のもとで繰り広げる奇想天外な騒動が、人生につまずき、暗澹たる思いをする若者に、再び生きる希望を与えていく。

 公開されたポスタービジュアルは、先日Web上で行われた一般投票で投票数が一番多かったもの。鋭い視線を向ける中川と岡山の姿が切り取られている。

映画『FUNNY BUNNY』予告編

 予告編は「世界を救うのはいつだって想像力だ」と豪語する自称小説家・剣持と、その相棒・漆原が図書館を襲撃するシーンからスタート。やがて物語は「電波を盗みに行くぞ」とラジオ局電波ジャックへと加速する。そして「忘れる前進だってある。だけどな、諦めるなんて前進はどこにもねえんだよ!」と剣持のセリフが映し出され、さらなる展開を予感させる内容となっている。

 また、映画の世界に繋がる電話企画もスタート。本企画は、050-3623-1770にかけると映画の舞台となる中華飯店・再見に繋がり、出演者や店主らによるメッセージがランダムで流れるという内容に(通話料は別途発生)。公開前後では別メッセージが流れるという。

■公開情報
『FUNNY BUNNY』
4月29日(木・祝)より、映画館&auスマートパスプレミアムにて同時ロードショー
出演:中川大志、岡山天音、関めぐみ、森田想、レイニ、ゆうたろう、田中俊介、佐野弘樹、山中聡、落合モトキ、角田晃広、菅原大吉
監督・脚本・編集:飯塚健
製作総指揮:森田圭
エグゼクティブプロデューサー:多田一国、大野高宏
プロデューサー:金山、宇田川寧、吉田憲一
共同プロデューサー:田口雄介
音楽:海田庄吾
撮影:小松高志 
原作:舞台『FUNNY BUNNY -鳥獣と寂寞の空-』(演出・脚本 飯塚健//青山円形劇場、 2012)、小説『FUNNY BUNNY』(飯塚健/朝日新聞出版)
製作:KDDI
制作プロダクション:ダブ
配給:「FUNNY BUNNY」製作委員会
2021年/日本/103分/カラー/ビスタ/5.1ch
(c)2021「FUNNY BUNNY」製作委員会
公式サイト:https://funnybunny-movie.jp