『青のSP』最終章へ突入! 真木よう子が“毒親問題”について語る

 毎週火曜21時よりカンテレ・フジテレビ系で放送中の『青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―』にレギュラー出演している真木よう子からコメントが到着した。

 本作は、学校内警察(スクールポリス)が試験的に導入されたという設定のもと、公立赤嶺中学校にスクールポリスとして配属された嶋田隆平(藤原竜也)が、校内外で起こるさまざまな問題に立ち向かう学園エンターテインメント。学校内に警察官がいる異常な状況に浅村涼子(真木よう子)ら教師陣から反発を受けながらも、嶋田は想像を絶する解決方法でトラブルに対処する。

 3月2日放送の第8話では、野球部の“闇部活”問題から嶋田の元恋人・香里(明日海りお)の死の真相につながり、すべては校長である木島(高橋克実)の仕業だったことが明らかとなった。そして嶋田は、明らかになった犯人・木島に対して我を忘れ襲い掛かり、三枝(山田裕貴)がそれを止めた。

 3月9日に放送される第9話は“毒親”がテーマ。赤嶺中学でも、高校受験を控え進路指導が始まる。涼子が担任のクラスでも三者面談が始まるが、家庭によっては生徒と親との志望先が異なる家庭もあった。芸能活動を辞めたい娘の思いは無視して続けさせたがる母親や、娘の考えは無視してお金のかからない高校を進路先にさせようとする父親。そして、自分と同じ帰国子女が多い高校を受験したい生徒と家業の病院を継がせるため医学部付属の高校を受験させたい母親などが登場し、涼子は頭を悩ます。そんな第9話について真木は、「子どもを持つ親としては、自分の子供の将来は気になりますが、今回はそれが行き過ぎたケースを扱っています。自分が、その立場だったらどうするか? また、子どもの立場だったらどう思うかを考えさせられる作品だと思います」と話した。

 岡部(遠藤雄弥)による暴行未遂事件を公表しようとした香里を阻むべく、生徒を脅迫して香里を死に追いやったのは、校長の木島だったと判明した第8話。木島の逮捕ですべて明らかになったかに思われた。しかし、隆平(藤原竜也)は、そもそもの発端となった暴行未遂事件について香里が何かを追究しようとしたのではないかと考え調査を続ける。果たして、そこにはどんな秘密が隠されているのか。

■放送情報
『青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―』
カンテレ・フジテレビ系にて、毎週火曜21:00〜放送
出演:藤原竜也、真木よう子、山田裕貴、泉澤祐希、たくませいこ、渋谷謙人、智順、兒玉宣勝、金沢雅美、音尾琢真、石井正則、須賀健太、遠藤雄弥、明日海りお、峯村リエ、升毅、山口紗弥加、高橋克実
脚本:大石哲也、山岡潤平、小島聡一郎
音楽:菅野祐悟
主題歌:SHE’S「追い風」(ユニバーサル ミュージック)
プロデューサー:河西秀幸、国本雅広、高橋史典
演出:国本雅広、白川士、高橋貴司
制作:カンテレ、ケイファクトリー
(c)カンテレ
公式サイト:https://www.ktv.jp/schoolpolice/
公式Twitter:https://twitter.com/bluesp_tue21
公式Instagram:https://www.instagram.com/bluesp.tue21/