『青天を衝け』草なぎ剛×堤真一の名コンビが誕生! 栄一は身分制度への怒りをあらわに

 大河ドラマ『青天を衝け』(NHK総合)第4回「栄一、怒る」では、栄一(吉沢亮)が身分制度への怒りをあらわにする。

 ペリー再来航に備えて、幕府に外様が意見する様子にいち視聴者の立場でもある徳川家康(北大路欣也)が驚きを見せる。藍農家をねぎらう宴会の日に仕切りを任された栄一が良い藍を育てた百姓を「大関」「関脇」「小結」「前頭」の順に上座に座らせることで角兵衛(渡辺哲)が「来年こそは、わしが番付の大関になってみせるんべぇ!」と奮起するなど、放送のところどころで時代の変化が顕著に表れていた。

 村のまとめ役として皆から慕われている市郎右衛門(小林薫)が代官の前では頭を下げなければいけない現実に、栄一は幼い頃から「承服できっこねぇに!」と憤りを感じていた。

 市郎右衛門の代わりに宗助(平泉成)とともに岡部の陣屋を訪ねた栄一は、代官である利根吉春(酒向芳)に声を荒げることとなる。百姓が汗水垂らして稼いだ金を御用金として安易に取り立てられることに納得ができなかったのだ。人を見下した態度、道理なき命令。怒りが収まらない栄一に、市郎右衛門は「それがすなわち泣く子と地頭だ」と教える。雨降りしきる中、御用金の500両を納めに行く栄一。「恐れながら! それが我々百姓の銭にございます!」と訴えるが、頭を上げるとそこにはもう利根はいない。百姓が受ける聞く耳を持たない代官からの屈辱だ。

 一方、江戸では慶喜(草なぎ剛)が円四郎(堤真一)に諍臣になってほしいと告げていた。諍臣とは、おごりや過ちを諫める臣下のこと。長屋でやす(木村佳乃)と暮らす円四郎は、庶民に近い感覚を持った人物だ。変わり者ゆえに働きどころに恵まれなかったが、円四郎の才能を知る藤田東湖(渡辺いっけい)らの推薦で慶喜の小姓に。家系や身分に捉われない任命という意味では、栄一側の物語ともリンクしてくる。

 ユニークなのは、不器用な円四郎に慶喜が優しく作法を教えるシーン。杓子をグーで握り、おひつから勢いよく碗に米を装う円四郎。盛られたご飯は蓋が閉まらないほどてんこ盛りに。慶喜も思わず給仕の仕方を知らないのか、年下の小姓をするのが不服なのかと尋ねるほど。答えはどちらも正解。いつも女房がそのように装ってくれると一言多いのも円四郎の人柄が滲んでいる。