中村倫也が微笑む『珈琲いかがでしょう』メインビジュアル Paraviオリジナルストーリーも

 4月5日よりテレビ東京系で放送がスタートする『珈琲いかがでしょう』のメインビジュアルが公開された。

 『凪のお暇』などで知られるコナリミサトの同名漫画を中村倫也主演で実写化する本作は、“幸せを運ぶ珈琲物語”。コナリ原作作品に出演するのは『凪のお暇』(TBS系)に続き今回が2度目となる中村が、移動珈琲店「たこ珈琲」店主の青山一役でテレ東ドラマ初主演を務めるほか、職場近くで偶然「たこ珈琲」と出会う不器用女子・垣根志麻役で夏帆、青山の過去に深く関わる謎の男・杉三平(通称・ぺい)役で磯村勇斗が出演。『かもめ食堂』の荻上直子が監督・脚本を務めるほか、『聖の青春』の森義隆、『ケンとカズ』の小路紘史も監督に名を連ねる。

 公開されたビジュアルには、原作そっくりの「たこ珈琲」のほか、どことなくほんわかムードが漂う主人公・青山(中村倫也)と垣根(夏帆)、ひとり怪しげな視線を送るぺい(磯村勇斗)の姿が。そして、「一杯のコーヒーで、世界はがらっと変わるのかも――」とキャッチコピーが添えられている。

 また、動画配信サービス「Paravi」では、オリジナルストーリー『珈琲”もう一杯”いかがでしょう』の配信も決定。ベールに包まれたぺいによる、ドラマ本編の続きの物語で、中村演じる青山や夏帆演じる垣根、そして青山が行く先々で出会う人物たちも登場する。Paraviオリジナルストーリー『珈琲“もう一杯”いかがでしょう』は、『珈琲いかがでしょう』各話放送終了直後よりParaviで配信される予定だ。

 さらに、3月11日の25時から『珈琲いかがでしょう』の見どころをいち早く紹介するオススメ番組も放送。青山役の中村をはじめとする出演者のインタビュー映像や撮影現場の様子も届けられる。

 なお、『珈琲いかがでしょう』は4月5日より毎週月曜23時6分からテレビ東京系で放送される。

■放送情報
『珈琲いかがでしょう』
テレビ東京系にて、4月5日(月)放送スタート 毎週月曜23:06~23:55放送
(初回~第3話は5分拡大で23:06~24:00放送)
出演:中村倫也、夏帆、磯村勇斗ほか
原作:コナリミサト著『珈琲いかがでしょう』(マッグガーデンコミックスEDENシリーズ)
監督・脚本:荻上直子
監督:森義隆、小路紘史
チーフプロデューサー:阿部真士(テレビ東京)
プロデューサー:合田知弘(テレビ東京)、森田昇(テレビ東京)、山田雅子(アスミック・エース)、平部隆明(ホリプロ)
制作:テレビ東京/アスミック・エース
制作協力:ホリプロ
製作著作:「珈琲いかがでしょう」製作委員会
(c)「珈琲いかがでしょう」製作委員会
公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/coffee_ikaga/
公式Twitter:@tx_coffee
公式Instagram:tx_coffee_ikaga