『道成寺』『おこんじょうるり』など4K修復版で 川本喜八郎、岡本忠成監督の特集上映開催

 川本喜八郎監督と岡本忠成監督の特集上映「アニメーションの神様、その美しき世界Vol.2&3」が、5月8日より全国順次公開されることが決定した。

 優れたアニメーション作家にスポットをあて、その素晴らしい作品を最新の技術で修復・発掘することを目的としたWOWOWプラス(旧IMAGICA TV)の「アニメーションの神様、その美しき世界」シリーズ。第1弾として、2017年にロシアのユーリー・ノルシュテインを取り上げ、全国で上映された。

 今回は、第2弾・3弾として、日本のアニメーション発展に大きく貢献した2人の映像作家・川本喜八郎と岡本忠成の特集上映を実施。いずれもノルシュテイン同様、ストップモーション撮影(コマ撮り)による立体アニメーションの分野で比類なき功績を残した世界的巨匠となる。

 川本は、ストップモーションアニメの先進国チェコでイジー・トルンカに学び、国際的に評価される作品を残したほか、TVの歴史人形劇や海外との合作でも知られている。一方、岡本は、木・皮・布・毛糸・紙・粘土など多様な素材を用いて、主に子ども向け作品の分野で斬新な表現を追求し続けた。

 上映されるのは、それぞれの代表作5本ずつ合計10本・2プログラム。Aプログラムでは、『花折り』『鬼』『詩人の生涯』『道成寺』『火宅』の川本作品5本を、Bプログラムでは、『チコタン ぼくのおよめさん』『サクラより愛をのせて』『虹に向って』『注文の多い料理店』『おこんじょうるり』の岡本作品5本が上映される。全ての作品が日本の最新技術による4K修復版(2K上映)となる。

 また、国立映画アーカイブでは現在、企画展「川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020」が3月28日まで開催されており、人形をはじめとする撮影素材や作品制作のための様々な資料が展示されている。

岡本忠成『おこんじょうるり』(c)株式会社 桜映画社、株式会社エコー

■公開情報
「アニメーションの神様、その美しき世界 Vol.2&3」
5月8日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
Aプログラム=川本喜八郎5作品(『花折り』『鬼』『詩人の生涯』『道成寺』『火宅』)合計79分・DCP
Bプログラム=岡本忠成5作品(『チコタン ぼくのおよめさん』『サクラより愛をのせて』『虹に向って』『注文の多い料理店』『おこんじょうるり』)合計78分・DCP 
提供:株式会社WOWOWプラス
配給:チャイルド・フィルム
公式サイト:https://www.wowowplus.jp/anime_kamisama2-3
公式Twitter:@anime_kamisama