マイケル・ウィンターボトム監督が描くファッションビジネスの闇 『グリード』6月公開

 マイケル・ウィンターボトムが監督・脚本を手がけた映画『Greed(原題)』が、『グリード ファストファッション帝国の真実』の邦題で6月よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開されることが決定した。

 本作は、ファストファッションブランドを経営し、業界トップにまで上り詰めたリチャード・マクリディの栄光と転落を、イギリスらしい痛烈な風刺とウィットに富んだジョークとともに描いたブラックエンターテインメント。

 「グリード=強欲」の意味を持つ本作は、金と欲がすべてのマクリディ卿のセレブレティな生活の裏に隠されたファッションビジネスの闇を、『イン・ディス・ワールド』『グアンタナモ、僕達の見た真実』でそれぞれベルリン国際映画祭で金熊賞、銀熊賞を受賞したウィンターボトム監督が鋭い視線で暴き出す。

 マクリディ卿のモデルは、昨年に破産申請をした「TOPSHOP」をはじめとする複数のファストファッションブランドを保有していたアルカディア・グループのオーナー、フィリップ・グリーン卿。日焼けした肌と不自然なまでに白く輝く歯という、富裕層特有の外見に近づけるために肌を小麦色に塗り、付け歯を装着したスティーヴ・クーガンが演じた。そしてマクリディ卿に負けず劣らずお金に目がない元妻を『グランド・イリュージョン』のアイラ・フィッシャーが演じるほか、『24アワー・パーティ・ピープル』のシャーリー・ヘンダーソン、Netflixオリジナルシリーズ『セックス・エデュケーション』のエイサ・バターフィールドらが脇を固める。

 各国の企業が持続可能な開発(SDGs)を取り入れ始めている昨今において、ウィンターボトム監督は、「資本主義の移り変わりとともに、グローバル化が世界をどう変えていったのか。例えばスリランカの縫製工場で働く女性たちや、イギリスのファストファッション業界の企業買収など。これらを架空の人物を通して見ることができるのがこの作品の良さだ」と語っている。

■公開情報
『グリード ファストファッション帝国の真実』
6月より、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
監督・脚本:マイケル・ウィンターボトム
出演:スティーヴ・クーガン、アイラ・フィッシャー、シャーリー・ヘンダーソン、エイサ・バターフィールド
配給:ツイン
2019年/イギリス/英語/原題:Greed/カラー/シネスコ/5.1ch/107分/映倫区分:PG12
(c)2019 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. AND CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION
公式サイト: greed-japan.com