難民から五輪選手になった男の人生描く ドキュメンタリー映画『戦火のランナー』6月公開

 ビル・ギャラガー監督作『戦火のランナー』が6月5日より全国順次公開されることが決定した。

 

本作は、難民からオリンピック選手になった、不屈の精神で走り続けるグオル・マリアルの人生を描いたドキュメンタリー。

 戦争の続いていたスーダン。8歳のグオル・マリアルの命を守るため、両親は苦悩の末、彼を村から逃がした。戦場をさまよい歩くグオルは武装勢力に捕まってしまうも、走って逃げることに成功し、難民キャンプで保護された彼は、幸運にもアメリカへ移民するチケットを手にする。高校に入学し、走ると他を圧倒。初めて走ったマラソンで2012年ロンドン五輪出場資格を得る。まるで走ることが彼の運命だったかのように。しかし、建国されたばかりの南スーダンには国内オリンピック委員会がなく、代表する国がなかった。出場が危ぶまれたが奇跡が起こる。国際オリンピック委員会(IOC)が“国のない男”といわれた彼の個人参加選手としての出場を認めたのだ。そして彼は、祖国南スーダンの人々の期待を背負い走り、完走する。

 あわせて公開されたポスタービジュアルでは、走り続けるグオルの姿が切り取られており、「僕は今日も走る。希望を届けるために」というコピーが綴られている。

■公開情報
『戦火のランナー』
6月5日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー
監督・プロデューサー:ビル・ギャラガー
出演:グオル・マディング・マケア(グオル・マリアル)、ラスティ・コフリン、コーリー・イーメルス、ブラッド・プアほか
音楽:エドゥアルド・アラム
配給:ユナイテッドピープル
2020年/アメリカ/英語/88分/カラー/16:9/原題:Runner
(c)Bill Gallagher
公式サイト:https://unitedpeople.jp/runner/