竹内涼真、『太陽は動かない』過酷なアクションシーンを語る 「最初は圧倒されました」

竹内涼真、『太陽は動かない』過酷なアクションシーンを語る 「最初は圧倒されました」

 3月5日に公開となる映画『太陽は動かない』より、竹内涼真のコメントが公開された。

 『怒り』『悪人』で知られる吉田修一のサスペンス小説『太陽は動かない』。様々なシチュエーションでのアクションシーンなどから映像化は不可能と言われた巨編のノンストップサスペンスを、『海猿』シリーズや『暗殺教室』シリーズなどを手掛けてきた羽住英一郎が監督を務め映画化した。

 主演を務めるのは、『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』『カイジ ファイナルゲーム』の藤原竜也。そして共演には、主演ドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)が毎週日曜22時30分より放送中の竹内を迎えた。また、ハン・ ヒョジュ、ピョン・ヨハン、佐藤浩市、市原隼人、鶴見辰吾らが共演に名を連ねている。

 表向きは小さなニュース配信会社を装い、その実態は、世界を股にかけ暗躍する秘密組織「AN通信」。そこに所属するエージェントたちは、24時間ごとに本部への定期連絡をしなければ、心臓に埋め込まれたチップの起動装置が発動し、解除の申請ができなければ5分で爆死する。組織の精鋭エージェント鷹野(藤原竜也)と相棒の田岡(竹内涼真)に下されたのは、世界中の権力者たちが求める次世代エネルギーの極秘情報を手に入れること。世界各国のエージェント、大国の裏組織が争奪戦に動き出し、命がけの頭脳戦と肉弾戦が繰り広げられる。

 竹内は、自身にとって『太陽は動かない』とは、「今後もこの仕事をやっていく上で、自分を奮い立たせる起爆剤のような作品」だと語る。本作で初共演にして、劇中でもバディを組む主演の藤原は、竹内について「本当に大変なアクションシーンの連続でしたけど、涼真は若さと勢いと自信を持って、いろんなことにチャレンジするから、僕はそれに引っ張ってもらいました」とコメントも寄せている。

 「これだけ長期間の撮影も初めてでしたし、ハードなアクションシーンも多かったので、今はやり切ったという満足感と充実感が大きいですね」と語る竹内だが、本作でのアクションは海外ロケだからこそ撮影できたシチュエーションも多くあり、挑戦の連続だったという。特に一番の見せ場となる猛スピードで走る列車でのアクションシーンでは、「あれだけ長いアクションは初めてだったので、アクション部の方と綿密にすり合わせたことが印象に残っています。次の日、『大変だったけれど頑張った』と思えてうれしかったことを覚えています」とその裏側について語る。

 また、「列車が1周8時間の経路を回っているうちに撮影すると聞いていたのですが、撮影ポイントまで行くのに4時間もかかってしまって。ようやく着いたら、いきなり『アクション!』と言われて、慌てて気持ちを入れました」と羽住組ならではのスピード感に驚きながらも、同時に「羽住組は非常にスピーディーなので最初は圧倒されましたが、食らいつきつつ自分のペースもつかもうと、カットを重ねていく中でだんだん気持ちが据わっていきました。その辺りから撮影チームの皆さんともコミュニケーションが少しずつ取れて、呼吸も合ってきた感じがしました」と撮影を経ていくなかでの自身の変化についても語り、順調な撮影だったことを明かした。

■公開情報
『太陽は動かない』
3月5日(金) 全国ロードショー
出演:藤原竜也、竹内涼真、ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハン、市原隼人、南沙良、日向亘、加藤清史郎、横田栄司、翁華栄、八木アリサ、勝野洋、宮崎美子、鶴見辰吾、佐藤浩市ほか
原作:吉田修一『太陽は動かない』『森は知っている』(幻冬舎文庫)
監督:羽住英一郎
脚本:林民夫
制作会社:ROBOT
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)吉田修一/幻冬舎 (c)2020「太陽は動かない」製作委員会
映画公式サイト:taiyomovie.jp 
公式Twitter:@taiyowaugokanai

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる