クリストファー・プラマーは“伝説的俳優”だった 長い俳優人生と残したイメージを振り返る

 俳優クリストファー・プラマー氏が、今年2月5日に、アメリカのコネチカット州ウェストンの自宅で亡くなった。俳優である妻エレイン・テイラー氏によると、死因は転倒による頭部打撲だったという。91歳だった。

 名作ミュージカル映画『サウンド・オブ・ミュージック』(1965年)で共演したジュリー・アンドリュースは、この報を受け、「世界は今日、ひとりの完璧な俳優を失いました。そして私は大事な友達を失ったのです」とコメントした。

 ここでは、クリストファー・プラマー氏の膨大な仕事のうち、映画俳優としてのごく一部を振り返り、彼が伝説的俳優であった理由を、あらためて考えてみたい。

 トロントで生まれ、モントリオールで若い時代を過ごしたカナダ出身のプラマー氏は、ステージ俳優としてトニー賞を二度受賞、映画俳優としてアカデミー賞助演男優賞を受賞したほか、俳優として様々な栄誉に輝いている。シェイクスピア劇やブロードウェイの舞台で活躍し、映画に出演したのは29歳からと、映画界においては意外とデビューが遅かった。だがそれ以来、亡くなるまで年に1本から3本のペースでコンスタントに映画に出演し続け、出演した映画作品だけで100本を優に超える膨大なキャリアを築くことになったのだ。また、俳優アマンダ・プラマーは、彼の娘である。

『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』(c)2019 LFM DISTRIBUTION, LLC

 プラマー氏の役柄は、ローレンス・オリヴィエやショーン・コネリー、ハリソン・フォードなど、時代ごとの大スターの主演映画の脇を固めることも多かった。そんなプラマー氏が多くの人々の心に残っているのは、その実直なイメージと重なるように、安定した仕事ぶりで常に目に触れる存在であり続けた点だろう。ベトナム戦争を戦ったアメリカの闇を描いた最新の出演作『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』は、3月5日の日本公開を控えている。

 そんなプラマー氏の演じた役の中で、多くの観客の印象に最も残っているのは、やはり『サウンド・オブ・ミュージック』の主演俳優ジュリー・アンドリュースの相手役である、トラップ大佐ではないか。多くのメディアがプラマー氏の代表作に、主演作ではない『サウンド・オブ・ミュージック』を挙げるのは、この作品や劇中曲が、世界の数あるミュージカル映画のなかでもトップと言えるほど、いまもなお広く深く愛され続けているからである。