リンゼイ・モーガンや監督が『スカイライン-逆襲-』を語り尽くす 「最高の時間を過ごして」

 2月26日公開の映画『スカイライン-逆襲-』より、リアム・オドネル監督、リンゼイ・モーガン、ローナ・ミトラらのインタビューが公開された。

 本作は、謎の生命体によって征服された人類の地球奪還の戦いを最新のVFXで描いたSFアクションシリーズ『スカイライン』の最新作。地球人を“収穫”するため飛来したエイリアンの恐怖をスリリングに描いた『スカイライン-征服-』『スカイライン-奪還-』に続く本作では、前人未踏の宇宙を舞台に、人類VSエイリアンのラストステージが幕を開ける。

 主人公ローズ役を『THE 100/ハンドレッド』でブレイクしたモーガンが務める。『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』のジョナサン・ハワード、『ジョン・ウィック』のダニエル・バーンハード、『GOTHAM/ゴッサム』のアレクサンダー・シディグ、『ザ・ラストシップ』のミトラ、『ゲーム・オブ・スローンズ』のジェームズ・コスモ、さらに『ザ・レイド』シリーズのヤヤン・ルヒアンらが、前作に続いて激しいアクションを見せつける。前2作の製作・脚本や監督も手がけたリアム・オドネルがメガホンを取った。

 3部作それぞれが異なるカラーを見せる『スカイライン』シリーズ。本作の脚本執筆におけるインスピレーションについて、オドネル監督は「1作目は少し変わったエンディングだったから、2作目はそこからアプローチを変え、違うジャンルの作品に持っていこうと思ったんだ。シリーズを作る上では、1作目を観ていなくても理解できる作品を作ることを心がけている。そういった意味で前作の『スカイライン-奪還-』は、『ターミネーター2』『マッドマックス2』『エイリアン2』『ランボー/怒りの脱出』などのように、前作を知らなくても単体で楽しめる作品を目指した。ジェームズ・キャメロンは『エイリアン2』(監督・脚本)、『ランボー/怒りの脱出』(脚本)などを2作目から手がけているから、僕は彼を“続編を作る達人”だと思っているよ。今回の『スカイライン-逆襲-』に関しては、冒頭で2作目を観ていない人や忘れている人のため、振り返りのシーンを作ったんだ」と語り、シリーズ未見の観客への配慮も明かした。

 事実、『スカイライン-逆襲-』はローズが戦いで傷つき抵抗軍を離れるまでを冒頭で振り返るかたちで描き、その5年後から本題が始まるという構成に。「実は元々の脚本では『スター・ウォーズ』の様な、エイリアンと抵抗軍の大掛かりなバトルシーンも書いていた。しかし(製作の)ストラウス兄弟に予算や時間の関係上、実現は難しいという指摘を受け、ボイスオーバーで前作のストーリーと繋げる形に仕上げた。また、この映画では、ローズが過去の闘いによる失敗で苦悩しているというシーンを描きたかったという意図もある。彼女がただの特殊能力を持った完璧すぎるキャラクターになってしまわないように、克服すべきトラウマが必要だと思ったんだ。彼女の特殊能力もその精神状態にリンクしたものにしたり、ストーリーに深みを与えるための工夫をしているよ」とローズというキャラクターを描くための工夫を語るオドネル監督。

 そんなローズを演じたモーガンは、「続編の製作が決まり、その主人公がローズだと聞いた時は、驚いたと同時に大興奮しちゃったわ。ローズは、とにかく特別な人なの。彼女はすごく複雑な性格をしているわ。心の中に様々な葛藤を抱えている。特殊な環境下にある世界で多くを学び、成長してきた人よ。エイリアンとの戦争の最中に生まれ、誕生の直後に両親を失った。それと同時に、人類を救い、世界に平和をもたらすことができる特殊な力を持つことも判明したの。彼女は傷を抱えたスーパーヒーローよ。本作では彼女の進化する様子が描かれているわ。人間とエイリアンのそれぞれの部分が見事に表現されている」とローズの魅力を熱く語った。