『騙し絵の牙』池田エライザのインタビュー映像公開 大泉洋の印象から脚本の魅力を語る

 3月26日に公開される大泉洋主演映画『騙し絵の牙』より、池田エライザのインタビュー映像が公開された。

 本作は、『罪の声』の塩田武士が、「大泉洋」を主人公に当て書きし、表紙モデルにも起用したベストセラー小説を、大泉を主演に迎えて映画化するもの。『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』の吉田大八が監督を務め、『天空の蜂』の楠野一郎と共に、監督自ら脚本も手がける。

 そのほか、大泉と映画初共演で吉田組の参加は『桐島、部活やめるってよ』以来となる松岡茉優や、佐藤浩市、宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也、佐野史郎、木村佳乃、和田聰宏、坪倉由幸、斎藤工、塚本晋也、リリー・フランキー、小林聡美、國村隼らが集結した。

 売上低迷で崖っぷちの大手出版社に現れたビックマウスな男・速水(大泉洋)。しかし、そんな速水の笑顔の裏にはもうひとつの顔が、隠されていた。池田が本作で演じるのは、人気ファッションモデルとして大活躍している城島咲。城島がスタジオで撮影しているところに、突然現れた速水は、銃器の話や「城島咲って本名ですか?」など意味深な質問を残して去っていく。そんな速水に興味を持った城島は、速水が編集⻑を務める『トリニティ』への登場のほか、これまた速水が連れてきた新しい才能溢れるミステリアスなイケメン新人小説家・矢代聖(宮沢氷魚)との対談など、速水の策略のもと、次々世の中の話題の中心となっていく。そんな中、城島がある事件に巻き込まれてしまい、これまで城島がひた隠しにしてきた別の顔がついに現れる。

池田エライザ『騙し絵の牙』インタビュー映像

 公開されたインタビュー映像では、池田が、共演者である大泉や脚本について語っている。本作について、「いろいろな思惑が交差して、いろいろな展開が起きます。咲が関わる部分もこの作品の重要なひとつのキーになっていますが、私が関わるのが、大泉さんの一部でしかない感覚がすごく面白いです」と語る池田。「3回読み返しました。『え!あの伏線ってここで回収されたってこと?』とか、1回目は台本として、2回目はエンタメ作品として楽しく読んで、3回目は全部確認するために読みました。読めば読むほど、知れば知るほど、いろいろなところでいろいろなことが起きていて、そのテンポ感が楽しかったです」とその脚本の魅力もアピールした。

 大泉について、池田は「イメージ通り(笑)。 もっと毒舌な方かなと何となく思っていたんですけれど、すごく物腰の柔らかい方で。でもお芝居が始まるとすごくストレートで、常に自分と自問自答している感じで、その姿勢は、大泉さんの作品が支持されてきた意味が分かるなと勉強になりました。でもすごい声大きいですよね(笑)」と冗談交じりにコメント。

 最後に池田は、「私も紙で読む素晴らしさを知っているので、この『騙し絵の牙』を観ることで、小説に取り憑かれている人たちや、小説というカルチャー・サブカルチャーを愛する人たちの奮闘を多角的に観ていただけると、より楽しんでいただけると思います」と本作の見どころを熱く語った。

 あわせて公開された場面写真では、ファッションモデルとしての活躍の陰に秘めた別の顔を伺わせる表情や、速水の策略で新人小説家・矢代聖との美男美女カップルの噂が立つふたりの姿が切り取られている。

■公開情報
『騙し絵の牙』
3月26日(金)全国ロードショー
出演:大泉洋、松岡茉優、宮沢氷魚、池田エライザ、斎藤工、中村倫也、坪倉由幸、和田聰宏、石橋けい、森優作、後藤剛範、中野英樹、赤間麻里子、山本學、佐野史郎、リリー・フランキー、塚本晋也、國村隼、木村佳乃、小林聡美、佐藤浩市
監督:吉田大八
脚本:楠野一郎、吉田大八
原作:塩田武士『騙し絵の牙』(KADOKAWA刊)
配給:松竹
(c)2020「騙し絵の牙」製作委員会
公式サイト:movies.shochiku.co.jp/damashienokiba/
公式Twitter:@damashienokiba