『レッドアイズ』第3話はあまりにも悲痛な結末に 亀梨和也と忍成修吾の対峙が意味すること

 「こんな未来、想像できたか? 次に何が起こるかなんて、誰にも分からない」。蠣崎(忍成修吾)のこの言葉に、引っかかりを覚えた視聴者は多いだろう。けれど、まさかこんなにも辛い結末が待っていようとは、誰も“想像”できなかったはずだ。どれほどハラハラさせられようとも、罪なき人の命は奪われることなく、伏見(亀梨和也)が「犯人確保」を報告して事件は解決。今回もきっと、そうに違いないと信じていた。

 誘拐した湊川(シシド・カフカ)を生死のギリギリに立たせた上でなお、心までも絶望へと追い詰める蠣崎。ここまでかと思ったその瞬間、どうにか伏見が間に合った。しかし、事件はまだ終わらない。蠣崎は現場から姿を消し、かつて湊川がその命をかけて守った最愛の息子・敢太(森島律斗)にまで、危険が迫る。

 幾重もの罠を仕掛け、警察を攪乱した蠣崎は、するりと本来の目的……島原(松下奈緒)への復讐の準備を進めていた。「あの男は狂ってる」――漆川(般若)をもってしてそう言わしめる蠣崎の第一の犯行は、確かに異常だ。しかし蠣崎にとって、我が身を傷つけることなどきっと容易い。いよいよ復讐を完遂できるという、よろこびでさえあったかもしれない。

 第2話で蠣崎が流した涙は、伏見を挑発するための芝居ではなかった。愛する人を守れなかった悔しさと怒りは、唯一、蠣崎の“真実”だった。事故とはいえ、蠣崎の大切な人の命を奪った島原と花倉(篠原悠伸)に、8年前の自分と同じ苦しみを味わわせること、それが蠣崎の真の目的だった。描いていた未来が、成す術なく一瞬で奪われる。心から愛した人が、なんの前触れもなくこの世からいなくなる。その悲しみ、痛みは計り知れない。あの日あの場所にいなければ、今このときも幸せな日々を過ごしていただろうと思うと、蠣崎も被害者だ。けれどどんな理由があろうとも、人を殺めていい理由にはならない。蠣崎のしたことは、決して許されない。島原にとっての愛する人ーーといえば、妹・大塩はるか(高橋ひかる)や夫・信嗣にほかならない。

 「殺せ、もう終わった」。伏見が引き金に指をかけてもなお、怯むことなくそう叫んだ蠣崎。あの瞬間、伏見と蠣崎の姿は、互いを映す鏡のように思えた。「彼女を失ったときから俺は死んだも同然だった」。蠣崎のその言葉に、美保(小野ゆり子)の事件資料と、水と少しの服、ただそれだけの部屋で生きてきた伏見の姿が思い出される。警察官ではない、“伏見響介”の眼に、復讐を果たした蠣崎の姿はどう映ったことだろう。

 伏見がいつ、蠣崎になるとも分からない。現に第1話で、伏見はためらいなく犯人にナイフを向けた。そんな、伏見が持つ危うさを「信じてみるしかないよ」と言ってくれたのは、ほかでもない信嗣(笠原秀幸)だった。