『鬼滅の刃』時透無一郎役・河西健吾がナレーションを担当 『僕が跳びはねる理由』予告編

 4月2日公開の映画『僕が跳びはねる理由』より、予告編と場面写真が公開された。

 第36回サンダンス映画祭にてワールド・シネマ・ドキュメンタリーコンペティション部門観客賞を受賞した本作は、会話のできない自閉症という障害を抱える作家・東田直樹がわずか13歳の時に執筆し、30カ国以上で出版、現在117万部を超えるベストセラーとなった『自閉症の僕が跳びはねる理由』(エスコアール、角川文庫、角川つばさ文庫)をもとにドキュメンタリー映画化したもの。

 「自閉症と呼ばれる彼らの世界が“普通”と言われる人たちと、どのように異なって映っているのか?」を世界各地の5人の自閉症の少年少女たちの姿やその家族たちの証言を通して追い、明らかにしていく。そして、「自閉症者の内面がその行動にどのような影響を与えるか」を斬新な映像表現や音響効果を駆使し、彼らが見て、感じている世界をあたかも疑似体験しているかのように体感できる内容となっている。

映画『僕が跳びはねる理由』予告編

 予告編は、「言いたいことが言えない生活を想像出来ますか?」という原作者の東田の問いかけの言葉から始まり、自閉症者の世界や時間軸をそのまま表現した、逆さまに見える廃墟や先端だけ見える鉛筆などの映像、自閉症の少年少女たちの姿が描かれている。

河西健吾

 なお、予告編のナレーションは、河西健吾が担当。河西は「とても素敵な予告編です。ぜひ皆さんにご覧頂けたらと思います!」とコメントを寄せている。

 場面写真では、様々な人種、性別、年齢の世界の自閉症の子供達の表情が切り取られている。

■公開情報
『僕が跳びはねる理由』
4月2日(金)角川シネマ有楽町、新宿ピカデリーほか全国順次公開
原作:東田直樹『自閉症の僕が跳びはねる理由』(エスコアール、角川文庫、角川つばさ文庫)
翻訳原作:『The Reason I Jump』(翻訳:デイヴィッド・ミッチェル、ケイコ・ヨシダ)
監督:ジェリー・ロスウェル
プロデューサー:ジェレミー・ディア、スティーヴィー・リー、アル・モロー
配給:KADOKAWA
原題:The Reason I Jump/2020年/イギリス/82分/シネスコ/5.1ch/字幕翻訳:高内朝子/字幕監修:山登敬之
(c)2020 The Reason I Jump Limited, Vulcan Productions, Inc., The British Film Institute
公式サイト:https://movies.kadokawa.co.jp/bokutobi/