土屋太鳳、役でつくイメージは「本望かもしれません」 “覚悟”で挑んだ『哀愁しんでれら』

 土屋太鳳主演映画『哀愁しんでれら』が2月5日に公開される。平凡な女性が、不幸のどん底から幸せの頂点へと駆け上がっていくさまと、そんな幸せの頂点からやがて前代未聞の凶悪事件を起こしてしまうまでを描いた本作。次第に狂い出す運命に身を投じる主人公・小春役を体当たりで演じ切った土屋は、役にどう向き合い、何を感じたのかーー。

土屋太鳳、3度オファーを断った主演映画を語る 映画『哀愁しんでれら』インタビュー

「“普通の人”を演じるのが一番難しい」

ーー今回の『哀愁しんでれら』は土屋さんが3回オファーを断ったことが大々的に報じられていましたが、最終的に出演を決めたことについて、現在はどのように考えていらっしゃいますか?

土屋太鳳(以下、土屋):出演を決めたこの決断は間違っていなかったと思います。大悟さん(田中圭)やヒカリ(COCO)、そして素敵なスタッフさんたちと出会えたので。たくさん人がいる中で、このメンバーに出会えたのは本当にありがたいことです。やっぱり一緒に作品を作るスタッフさんやキャストさんがいいチームだと素直にうれしいですし、何を撮りたいのかが分かっていると、私もすごく走りやすいので。

ーーこれまで見たことのないような土屋さんの姿を見ることができたように思います。

土屋:うれしいです。ありがとうございます。

ーー土屋さんご自身はそういう実感はありますか?

土屋:どうなんでしょう……。でも、小春のように振り幅があるほうがやりやすいかもしれません。“普通の人”を演じるのが一番難しいんです。

ーーそれはどういう理由で?

土屋:どこに特徴を持たせるか、セリフの裏側にあるものをどうやって伝えたらいいかをものすごく考えてしまうんです。『哀愁しんでれら』に関しては、小春のような“ワーッ!”という役は10代の頃に結構やっていたので違和感はなかったですし、とにかく(田中)圭さんにものすごく引っ張っていただきました。

ーーこれまでも何度か共演されている田中圭さんの存在が大きかったと。

土屋:そうですね。もう委ねられる感じです。圭さんは、私が何をやっても受け止めてくださるんです。本当に助かりました。