『青のSP』第4話では鈴木悠仁演じる菊池の“秘密”が明らかに!? 高橋克実からコメントも

 毎週火曜21時よりカンテレ・フジテレビ系で放送中の『青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―』にレギュラー出演している高橋克実からコメントが到着した。

 本作は、学校内警察(スクールポリス)が試験的に導入されたという設定のもと、公立赤嶺中学校にスクールポリスとして配属された嶋田隆平(藤原竜也)が、校内外で起こるさまざまな問題に立ち向かう学園エンターテインメント。学校内に警察官がいる異常な状況に浅村涼子(真木よう子)ら教師陣から反発を受けながらも、嶋田は想像を絶する解決方法でトラブルに対処する。

 高橋が演じる木島敏文は赤嶺中学の校長。自身のセカンドキャリアを考えて教育委員会にいい顔をするため、スクールポリスの導入を受け入れた。自分の将来の妨げになるトラブルをことごとく隠蔽しようとする。第3話で起きた中学生の薬物テロについて教師たちにはかん口令を敷き、校内の備品窃盗事件に関しても罪を犯した生徒が“反省しているから”という理由で何もなかったことにした。

 そんな、木島について高橋は「文科省の肝入りで始まったスクールポリスの配属に手を挙げたのは良かったものの、予想もしなかった事件が次々に起き、木島校長のセカンドキャリアも危うくなってきています(笑)。本当は、こんなはずではなかった…と思っている部分もあったでしょう」と話す。また、「学校がひた隠しにする小川香里(明日海りお)の死について嗅ぎまわる嶋田を木島は警戒し、疎ましく思っているのではないでしょうか。それをにおわせる場面が第4話で登場しますので、見ていただければと思います。そして、赤嶺中学校に在籍していた美術教師・岡部の存在が明らかになり、謎が謎を呼ぶ展開となっております」と今後の見どころを話した。

 また、第4話では体育館の女子更衣室で盗撮カメラが発見される。校内に他の盗撮カメラが無いか確認して回る涼子と柴田は、男子バレー部の更衣室から出てくる3年1組の生徒・菊池京介(鈴木悠仁)を目撃する。表情がぎこちない京介にはある“秘密”があった――。

■放送情報
『青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―』
カンテレ・フジテレビ系にて、毎週火曜21:00〜放送
出演:藤原竜也、真木よう子、山田裕貴、泉澤祐希、たくませいこ、渋谷謙人、智順、兒玉宣勝、金沢雅美、音尾琢真、石井正則、須賀健太、遠藤雄弥、明日海りお、峯村リエ、升毅、山口紗弥加、高橋克実
脚本:大石哲也、山岡潤平、小島聡一郎
音楽:菅野祐悟
プロデューサー:河西秀幸、国本雅広、高橋史典
演出:国本雅広、白川士、高橋貴司
制作:カンテレ、ケイファクトリー
(c)カンテレ
公式サイト:https://www.ktv.jp/schoolpolice/
公式Twitter:https://twitter.com/bluesp_tue21
公式Instagram:https://www.instagram.com/bluesp.tue21/