松山ケンイチが負け続きのボクサーに 吉田恵輔監督作『BLUE/ブルー』予告編&ポスター公開

 吉田恵輔が監督・脚本を務める映画『BLUE/ブルー』の公開日が4月9日に決定し、あわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。

 

本作は、挑戦者を象徴する“ブルーコーナー”で戦い続ける者たちの生き様を描いた、ボクシングに挑む、静かに熱い若者たちの物語。主人公は、誰よりも努力し情熱を注ぐも、負け続きの先輩ボクサー・瓜田。同じジムに所属するのは、抜群の才能とセンスを持ち、チャンピオン目前の後輩・小川と、好きな娘のために始めたボクシングにのめり込んでいく新人・楢崎。彼らの挑戦を見守るヒロインは、瓜田の初恋の人で、今は小川の婚約者の千佳。平凡と非凡、憧れと嫉妬、友情と恋、4人それぞれが複雑な想いを抱える。

 松山ケンイチが、誰よりも努力し情熱を注ぐも、負け続きの先輩ボクサー・瓜田役で主演を務める。また、東出昌大が瓜田と同じジムに所属するチャンピオン目前の後輩・小川役、柄本時生が好きな娘のために始めたボクシングにのめり込んでいく新人・楢崎役をそれぞれ担当。さらに木村文乃が、瓜田の初恋の人で、今は小川の婚約者の千佳を演じる。

 公開されたポスタービジュアルでは、松山、東出、柄本、木村のそれぞれの表情が切り取られており、「くそったれな青春」というコピーが綴られている。

映画『BLUE/ブルー』予告編
映画『BLUE/ブルー』予告編(30秒 Ver.)

 予告編は、瓜田(松山ケンイチ)が千佳(木村文乃)の手に、優しくバンテージを巻く穏やかなシーンから始まる。瓜田がボクシングを始めたきっかけは千佳の一言。後輩の小川(東出昌大)は瓜田の誘いでボクシングをはじめ、今では千佳とも恋人の間柄。「ボクシングを始めたこと後悔してる?」と千佳に聞かれ、試合にも恋にも勝てない瓜田が「後悔してないよ、でも」と言葉を濁す姿が映る中、タイトルに王手をかける小川が、脳の病に襲われ引退を迫られる。

 瓜田が、教え子の楢崎(柄本時生)に「毎回負けている人にアドバイスされたくない」と反発され、小川からは「次の試合に勝ったら千佳と結婚しようと思う」と告げられるなど、運命に翻弄される姿が描かれている。後半では、望みどおりにいかなくとも、前へ進んでいく瓜田、小川らの姿が映され、竹原ピストルが本作のために書き下ろした主題歌「きーぷ、うぉーきんぐ!!」も聞くことができる。

※吉田恵輔の「吉」は「つちよし」が正式表記。

■公開情報
『BLUE/ブルー』
4月9日(金)より、新宿バルト9ほか全国ロードショー
出演:松山ケンイチ、木村文乃、柄本時生、東出昌大
監督・脚本・殺陣指導:吉田恵輔
配給:ファントム・フィルム
製作幹事:東映ビデオ
製作:「BLUE/ブルー」製作委員会
2021年/カラー/ビスタ/5.1ch/107分
(c)2021「BLUE/ブルー」製作委員会
公式サイト:https://phantom-film.com/blue/
公式Twitter:@bluemovie_21