上白石萌音の需要はますます高まる? 圧倒的な強さは“同性の支持”の厚さにあり

 上白石萌音が今、凄まじい大旋風を巻き起こしている。

 ちょっと前まで「どっちが姉で、どっちが妹?」「『ぎぼむす』や『いだてん』『3A』『午後の紅茶』のほうが妹で、『君の名は。』が姉?」「小柄なほうが姉で、背が高いほうが妹」などと言っていた人も多数いるのではないか。

 しかし、そんな曖昧な認識を蹴散らすように、「姉のほう」萌音の注目度が昨年から著しく上昇している。

 佐藤健との共演で大ヒットとなった『恋はつづくよどこまでも』(通称 恋つづ)、現在放送中の『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(通称 ボス恋)と、注目枠として定着しているTBS火曜10時枠のヒロインに2年連続で抜擢。

 また、吉沢亮主演で2月14日スタート予定のNHKの大河ドラマ『青天を衝け』では、篤姫を演じることが発表されている。

 加えて、2021年度後期放送のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』では、深津絵里、川栄李奈とともに、朝ドラ初・リレー方式での3世代ヒロインを務める。

 なぜ上白石萌音がこんなにも重用されるのか。その理由には、彼女の演技力と、番宣のバラエティ出演時などに見える「素の顔」との両面があるように思う。

 実はあれだけ多くの女性に支持された『恋つづ』も、放送開始当初はSNSを中心に「健に全然似合わない」「ヒロインがもっと綺麗だったら良かったのに」「なんでこの子だったんだろう」などと、ヒロイン・七瀬に対して否定的な声が目立っていた。

 ところが、物語が進むにつれ、そうした否定的な声は減り、「可愛い」「良い子すぎる」「幸せになってほしい」など、上白石を賞賛・応援する声に変わっていった。さすがに同じ人物たちの手のひら返しではないのだろうが、それにしてもなぜこんなにも極端に評価が変わっていったのか。

 一つには、彼女の「芝居」には到底見えないほどの素直なリアクションに感じる新鮮さがあるだろう。片想いから「打倒、魔王!」として始まった七瀬(上白石)の恋が、両想いに変わる第5話あたりから、視聴者率も、視聴者の反応も、共に盛り上がっていった。もちろんその先も苦難はいろいろあるわけだが、視聴者たちは、例えばラーメンを食べて「美味しい~」と笑う七瀬と、その笑顔につられるように「魔王」の口元がほころんでしまう様子、2人が抱き合ってくるくる回るときの自然な笑い声などに、ホンモノのカップルを見るような微笑ましさを感じてしまうことが多かったようだ。実際、両想いになってからの七瀬は多幸感に溢れ、ドラマ内でどんどん綺麗になって言っているようにも見えた。

 そうした流れと連動し、途中からは「佐藤健のかっこ良さを愛でる」目が変わっていく。視聴者をキュンキュンさせることを使命としていた佐藤健と、くるくる変わる豊かな表情で、恋心を見事に表現してみせた上白石萌音との2人を「たけもね」として”カップル推し”する声に変わっていったのだ。驚くべきことに、これは今もSNS上で続いている。