『秘密への招待状』場面写真&ジュリアン・ムーアのコメント到着 公開日は2021年2月12日に決定

『秘密への招待状』場面写真&ジュリアン・ムーアのコメント到着 公開日は2021年2月12日に決定

 ジュリアン・ムーアが主演と製作を務めた映画『秘密への招待状』の公開日が2021年2月12日に決定し、コメントと場面写真が公開された。

 2006年にアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた、デンマークが誇るスザンネ・ビア監督の『アフター・ウェディング』。この作品に惚れ込んだオスカー女優のムーアと、彼女の夫で監督のバート・フレインドリッチが製作に乗り出し、ハリウッドリメイクが実現。オリジナル版では男性二人が主人公だったが、ハリウッド版では女性二人に変更された。

 ムーアが演じるのは、億万長者の会社経営者テレサ。一方、社会の不平等と戦う理想主義者のイザベルには、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』などで、アカデミー賞に4度ノミネートされたミシェル・ウィリアムズが扮する。ニューヨークで自分の夢をかなえ続けるテレサ、インドで子供たちの夢をかなえる手助けをするイザベル。住む世界も考え方も全く異なる2人が、生みの親と育ての親という立場になり、愛と葛藤に引き裂かれていく姿を、ムーアとウィリアムズが演じきった。

 『アフター・ウェディング』を観て「素晴らしい!」と感じていたムーア。夫のフレインドリッチが監督としてその物語を脚色し始めると、テレサ役が“役者として挑戦し甲斐のある興味深い役”だと考え、登場人物たちや彼らの関係に関する洞察など、貴重なアドバイスを提供したことを明かした。

 「私は、人と人との関係を描く家族の物語や映画が大好き」と、ムーアは言う。「人と
の関係は、私たちの人生に必ずあるものだから。それに関しては、私たちの誰もが何ら
かのストーリーを持っていると思う。そうしたパーソナルな話に、私は何よりも関心があ
る」。フレインドリッチが脚本を完成させた時点で、ムーアはテレサ役を演じること
を確約したそうだ。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『秘密への招待状』
2021年2月12日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
出演:ジュリアン・ムーア、ミシェル・ウィリアムズ、ビリー・クラダップ、アビー・クイン
監督:バート・フレインドリッチ
プロデューサー:ジュリアン・ムーア、バート・フレインドリッチ
配給:キノフィルムズ
提供:木下グループ
2019/英語/アメリカ/112分/5.1ch/カラー/スコープ/原題:After the Wedding/G/字幕翻訳:佐藤恵子
(c)ATW DISTRO, LLC 2019

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる