浜辺美波×岡田将生の“マミクロ”をまだまだ観ていたい! 『タリオ』最終回が描いた復讐の真意

 浜辺美波演じる元弁護士の白沢真実×岡田将生扮する詐欺師・黒岩賢介がバディを組み“復讐代行”を遂げる『タリオ 復讐代行の2人』(NHK総合)が、いよいよ最終話を迎えた。

 12年前に巨大詐欺事件の首謀者と疑われ行方をくらました真実(浜辺美波)の父親・正弘(遠藤憲一)と対峙し、遂に謎が暴かれる結末となった。

 水産加工会社で働く父親に再会するも、その人物は違う名前を名乗り全くの別人として生活していた。どうやら彼は12年前に崖から落下して、それまでの記憶を喪失してしまったようだ。

 一方、黒岩(岡田将生)の元には“正義の士”を名乗る者に殺された橘道三(殺陣剛太)の甥から、犯人探しの依頼が入る。黒岩の咄嗟の計らいによって、巨大詐欺事件の黒幕は正弘(遠藤憲一)の同僚だった弁護士・鮫島(いとうせいこう)であることが判明する。

 最終話ではマミクロコンビの絆の強さがあふれていた。黒岩から真実に掛けられた「お前のお父さんはお前と同じ、正義の味方だ」という言葉に、彼女はどれだけ安堵し救われたことだろう。

 「ハンムラビ法典」の「タリオの法」について解説された前話の流れを受けて、「復讐はやられたこと以上の仕返しをしないと気が済まない」通りの感情に真実も襲われる。真実の鮫島への復讐を寸前に阻止したのは他でもない黒岩だった。

 普段は散々真実のことをこけおろしている黒岩だが、「お前は本当は俺と一緒にいちゃいけない。お前の本当のコンビはお父さんだ」と伝え「この世には汚れちゃいけないものがある」と力強く言い放つ。実は真実に一目置いており、彼女には“そのままの真っ直ぐさ”を失わないでいてほしいと願っているバディ愛が垣間見えた。

 また、真実側も頑なに父親について黒岩に口を割らなかったのは、本当のことを知った時に自分自身が父親に対してどんな感情を抱くか、どんな行動に出てしまうのか不安があったからなのだろう。唯一の肉親ながら父親を信じられない自分自身に対しても戸惑いや失望があったのだと思われる。また、普段黒岩の前で見せている自分のままでいたい、自身の中に渦巻く黒い感情について黒岩にだけは知られたくない、自身の“真っ直ぐさ”についてだけは幻滅されたくはないという気持ちがあったのではないだろうか。