浜辺美波&田中圭、2020年は映画やドラマに引く手あまた “役者としての特性”が大きな理由?

 映画やドラマ、CMで見ない日がないくらい活躍し、勢いを見せている俳優がいる。2020年で言えば、まさに田中圭と浜辺美波がそのポジションにあたるだろう。田中は今年だけでも6本のドラマに出演しており、その他にも映画、CMと出ずっぱり。浜辺も同じくドラマ3本、映画2本と公開待機作1本、CMや雑誌等で毎日のように目にするようになった。まさに“引っ張りだこ”な2人の活躍には、目を見張るものがある。

『先生を消す方程式。』(c)テレビ朝日

 これほどまでに根強い人気を得た2人の共通点は、どこにあるだろうか。それは“好感度の高さ”という一言には片づけられない、役者としての特性にあるように思う。彼らには良い意味で色がない。売れている多くの芸能人には、はっきりとした強みや強烈な個性があることがほとんどだ。ミステリアス、セクシー、強面、バイプレイヤーなどその人物を象徴する“キーワード”があり、俳優に限らずタレントや芸人もそのキャラクターを大切に育てて強みにしている。特に俳優・女優の分野では、出演作品を選んだり、当たり役を得ることでその個性を積み上げていくことが多い。しかし田中と浜辺からはこうした強い“色”が感じられない。どんな職業で、どんな性格で、どんな立場であっても自然と受け入れられる、つまりは「何者にもなれる」ことが田中と浜辺の魅力なのだろう。

『先生を消す方程式。』(c)テレビ朝日

 だからこそ田中は、『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系)、『不協和音 炎の刑事 VS 氷の検事』(テレビ朝日系)、『キワドい2人-K2- 池袋署刑事課 神崎・黒木 』(TBS系)での刑事役に加え、『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)での後輩思いの薬剤師、『先生を消す方程式。』(テレビ朝日系)での笑顔を忘れない教師、と短期間の内に様々な職業、さらには性格も異なる役を演じてきた。こうして並べるとこの1年は刑事役が重なったようにも見えるが、田中に“刑事役”の固定イメージが付いているかというと、そんなことはないだろう。

『思い、思われ、ふり、ふられ』(c)2020映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 (c)咲坂伊緒/集英社

 浜辺は、映画『思い、思われ、ふり、ふられ』、『映像研には手を出すな!』での実年齢に近い女子高生役に始まり、ドラマ『アリバイ崩し承ります』(テレビ朝日系)での探偵業や『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)での復讐に燃える菓子職人から『タリオ 復讐代行の2人』(NHK総合)での復讐を裏稼業とする元弁護士まで、幅広い役を演じる。さらには12月公開予定の映画『約束のネバーランド』での外国の少女を思わせるビジュアルや、ドコモのCMでのモンスターのモンジュウロウという地球外生物にまで難なく扮し、どの役を演じても違和感がなく、悪目立ちもせずにナチュラルに馴染んでいく姿こそが、これほどまで多くの作品に起用される所以だろう。