『危険なビーナス』伯朗、楓、明人の三角関係が加速? 物語を動かす複数の視点

 手島伯朗(妻夫木聡)と矢神明人(染谷将太)の母・禎子(斉藤由貴)は、矢神家の人間によって殺された。祥子(安蘭けい)から聞かされた事実に伯朗は耳を疑う。『危険なビーナス』(TBS系)第6話は、散りばめられた点と点がつながって、うっすらと向こうにあるものの輪郭が見えてきた。

 禎子が亡くなったのは16年前。実家の浴槽で足を滑らせ、妹の順子(坂井真紀)に発見された時にはすでに息がなかった。死亡時、家には内鍵がかかっておらず、不審に思った明人は禎子の死の理由を探っていた。禎子が亡くなる少し前には、明人の祖父である康之介(栗田芳宏)が亡くなっており、禎子の死は、矢神家の遺産争いと関係があると思われた。康之介の遺言には全財産を孫の明人に譲ると記されていたからだ。

 時が経ち、康治(栗原英雄)が寝たきりになり、相続をめぐる親族間の緊張が高まったタイミングで明人は姿を消す。これにより、明人の失踪が禎子の死とつながっているのではないかという疑問が生じる。また、明人が相続する財産には、牧雄(池内万作)が言う「もっと価値があるもの」も含まれていると考えられる。もしそうなら、母親の禎子も価値があるものの正体を知っていたはずだ。

 『危険なビーナス』をおもしろくし、また、わかりにくくしている要因として、仮定に仮定を重ねるような入り組んだ設定に加えて、複数の視点が同時並行的に動いていることが挙げられる。親族たちは各自の思惑を持って伯朗と楓(吉高由里子)に接する。ただでさえ登場人物が多い上に、それぞれが秘密を抱えており、それらがどんな形で明人の失踪に結び付いているかも不明。すべてを知っている(はずの)康治は口を開かず、禎子も鬼籍に入った今、残された親族は手探りで謎と向き合わなければならない。それは視聴者も同様だ。

 もどかしさと先の見えない不安なムードを和らげているのが、伯朗と楓の即席コンビだ。なんだかんだ言って、2人の掛け合いが本作を引っ張っているのだが、そんな2人にも秘密はあって、楓は伯朗に知らせずに勇磨(ディーン・フジオカ)と会い、伯朗も楓に黙って百合華(堀田真由)の相談に乗る。義理の兄妹という関係だが、血のつながらない伯朗と楓の関係は、決して一線は超えないというルールの下でする疑似恋愛に例えられる。秘密は恋愛のスパイスであり、ケンカして仲直りする場面は2人の関係を物語っていた。

 とはいえ、明人がいなければ、伯朗と楓の絆が失われてしまうことも事実。「明人君のためなら、なんだってやります」と楓は言い切り、明人も伯朗とのつながりを強調する。第6話では明人の生存も確認されたが、伯朗と楓、明人の三角関係も加速しそうだ。