染谷将太は『危険なビーナス』にいつ登場する? “いない”のに“いる”特異な存在感

 早くも折り返しに入った日曜劇場『危険なビーナス』(TBS系)で、いまだ“正式”な登場を果たしていない染谷将太。それも、彼が演じるのは物語の核である、明人という超重要なキャラクターでありながらだ。この明人役は、なぜ染谷でなければならなかったのだろうか?

 先の読めない心理戦が展開する本作は、動物病院の院長代理として勤務する獣医・手島伯朗(妻夫木聡)が、突然現れた「弟の妻・楓(吉高由里子)」に翻弄され、かつて縁を切ったはずの矢神一族の遺産をめぐる醜い争いに巻き込まれていくというもの。染谷が演じる(?)のは、伯朗の異父弟だ。彼は矢神家の現当主の血を引く唯一の存在で、30億ともいわれる遺産を相続する権利を持っている。アメリカで人工知能を生かしたIT関連の仕事をしているのだが、父・康治(栗原英雄)が危篤と知り帰国。ところが、その直後に失踪したのである。

 ……というところから本作はスタートしたのだが、この過程のほとんどは第1話では描かれていない。明人の失踪は、楓に語られた情報でしかないのだ。ゆえに、演じる染谷はその写真などを介してしか登場してこなかった。この“遺産騒動”の中心人物なのだから、いやがうえにも視聴者の興味は惹かれるわけだが、しかし実際には登場しない。この役は、別に染谷でなくても良かったのではないかと考える方もいるのではないだろうか。むろん、「手抜かりのない、超豪華キャスティング!」という見方もできるが、やはり明人が今後の展開での大きなカギを握っているという見方の方が間違いないはずである。

 ほかの登場人物にその存在を語られるか、写真でしか登場しないにもかかわらず(第4話に一瞬だけ出てきているが、伯朗の妄想である)、その存在感を劇中に漂わせることに成功している染谷は、かなりすごい。それは、「“いない”のに“いる”」というもので、俳優であれば誰にでもできるものでないことは言うまでもないだろう。

 やはりこの明人のキャスティングは、染谷のこれまでのキャリアありきのものではないだろうか。つまり、視聴者の多くが“染谷将太という俳優を認知していること”を前提としたものだ。染谷といえば、ごく普通の若者からトリッキーなキャラクターまで、演じてきたその幅はひじょうに広い。観客にとって特に印象深く残っているのは後者の方だろう。『ヒミズ』(2012年)や『寄生獣』(2014年)、近年であれば『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年)、『初恋』(2020年)などがその代表作といえそうだ。いずれもが、ただならぬ役どころ、特異なキャラクターである。