『世にも奇妙な物語 ’20秋の特別編』は30周年にふさわしい作品に 広瀬すず主演作など見どころ紹介

 タモリがストーリーテラーを務めるオムニバス形式の『世にも奇妙な物語』(フジテレビ系)は、これまでにホラー・怪奇系を中心に、シュールなコメディやホッとするような不思議な癒し系まで、多彩な作品を届けてきた。30周年を迎えた本年は、コロナ禍で撮影スケジュールが影響を受ける中、『世にも奇妙な物語 ’20夏の特別編』に続いて、『世にも奇妙な物語 ’20秋の特別編』として新作4編を放送。どれも30周年にふさわしい充実した作品となっている。

 『イマジナリーフレンド』の主演は広瀬すず。広瀬は、いまもっとも出演を熱望されている女優の一人だ。最後に連続ドラマに出演したのは、2019年前期の朝ドラ『なつぞら』(NHK総合)で、単発でも5月に放送されたリモートドラマ『Living』(NHK総合)が目下の最新作となっている。坂元裕二が脚本を手がけた『Living』では、広瀬アリスとの“姉妹”共演も話題になった。アリスは『世にも奇妙な物語 ’20夏の特別編』の『しみ』にも出演しており、姉妹でシリーズ初出演にして主演を飾ることになった。

 映画『海街diary』や『ちはやふる』シリーズ、『anone』(日本テレビ系)、『なつぞら』で女優としての成長過程を映像に刻んだ広瀬が今作で演じるのは、臨床心理学を専攻する大学生の原田早希。幼い頃、早希にはユキちゃんというウサギのぬいぐるみの友達がいた。自分にしか見えないユキちゃんは、早希が成長するにつれて姿を見せなくなっていたが……。みずみずしい感性で等身大のキャラクターを演じてきた広瀬が、想像上の友達とどんなやり取りを繰り広げるのか? イマジネーションあふれる演技に注目したい。

 『コインランドリー』で派遣切りに遭ったフリーター・橋本学を演じるのは濱田岳。『世にも奇妙な物語』では、欲望に振り回される人間たちが多く描かれる。コインランドリーで見つけた不思議な乾燥機。その中にあったのは? 濱田の出演は、2012年『春の特別編』の『ワタ毛男』以来。同編の役名も橋本俊樹でなぜか「橋本」姓と縁が深い。どこにでもいそうなキャラクターが自分の作り出した状況に翻弄される受けの演技、ストーリーに緩急をつける巧みさを堪能してほしい。また、ヒロインの近藤亜美を岡崎紗絵が演じている。今泉力哉監督作『mellow』をはじめ、俳優として進境著しい岡崎だが、実力派女優の共演も見どころの一つだ。