J・ブラム製作の入れ替わりホラー『ザ・スイッチ』2021年1月15日公開へ ポスター&特報映像も

 製作会社ブラムハウス・プロダクションズ最新作『Freaky(原題)』が、『ザ・スイッチ』の邦題で2021年1月15日より全国公開されることが決定し、ポスタービジュアルと特報映像が公開された。

 本作は、『透明人間』『アス』『ゲット・アウト』などを生み出してきた製作会社ブラムハウス・プロダクションを牽引するジェイソン・ブラムと『ハッピー・デス・デイ』シリーズのクリストファー・ランドン監督のタッグによる最新作。女子高生のミリーと連続殺人鬼の体の入れ替わりを描く新感覚ホラーとなる。

 気弱で冴えない女子高生ミリーを演じるのは、『名探偵ピカチュウ』『スリー・ビルボード』のキャスリン・ニュートン。一方、指名手配されている連続殺人犯ブッチャー役を『ドッジボール』『サイコ』のヴィンス・ヴォーンが演じた。そのほか、ミリーの親友でしっかり者のナイラをセレステ・オコナー、ジョシュをミーシャ・オシェロヴィッチが演じる。

 公開されたポスタービジュアルには、気弱な女子高生に似つかわしくない表情でチェーンソーを構えるミリーと、ピンク色のカバーのついたスマホを胸にあて、不安そうな表情の連続殺人鬼ブッチャーの姿が切り取られている。

映画『ザ・スイッチ』特報映像

 あわせて公開された特報映像では、地味で退屈な高校生活を過ごしていた女子高生のミリーが、ある日の夜、連続殺人鬼ブッチャーに襲われ殺されてしまう……はずが、身体が入れ替わってしまうシーンが切り取られている。連続殺人鬼の身体で「私の身体を返して」とすごむミリーと、「やってみな」と血まみれの女子高生の身体でチェーンソーを操るブッチャーの対決も映し出されている。

 また、本日「13日の金曜日」にユニバーサル・ピクチャーズのホラー総合アカウント「ユニバーサル・ホラー公式」(Twitter/YouTubeチャンネル)が開設した。

■公開情報
『ザ・スイッチ』
2021年1月15日(金)全国ロードショー
監督:クリストファー・ランドン
製作:ジェイソン・ブラムほか
出演:ヴィンス・ヴォーン、キャスリン・ニュートン、アラン・ラックほか
配給:東宝東和
(c)2020 UNIVERSAL STUDIOS
公式サイト:theswitch-movie.jp
公式Twitter:https://twitter.com/uni_horror