映画『水上のフライト』インタビュー

中条あやみが明かす、挫折の経験とマインドの変化 「周りの方の力を借りながら夢や目標へ」

 中条あやみ主演映画『水上のフライト』が11月13日に公開された。『超高速!参勤交代』シリーズの脚本を手がけた土橋章宏が、実在するパラカヌー日本代表選手との交流を通じ作り上げたオリジナルストーリーで、『キセキ-あの日のソビト-』の兼重淳が監督を務めた本作は、走り高跳びの選手として将来を期待されるも、不慮の事故に遭い二度と歩くことができなくなってしまった主人公・藤堂遥が、カヌーという新たな夢を見つけて進んていく模様を描いた人間ドラマだ。

 カヌーや走り高跳び、車いすでの演技に挑戦し、「ターニングポイントになるだろうなと思っていた」と語る本作や、自身の挫折の経験などについて、主演の中条に話を聞いた。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

中条あやみが挫折の経験と意識の変化を明かす 主演映画『水上のフライト』インタビュー

「新しい事への挑戦が多く、ターニングポイントに」

ーー実話がベースとなっている本作では、中条さんの新たな一面を見れたような気がしました。

中条あやみ(以下、中条):ありがとうございます。私自身、今回の役は新しい事への挑戦が多く、ターニングポイントになるだろうなと思っていたんです。自分にとっても大きな作品になるんだろうなという思いがありました。遥という役を演じることは難しいと思うけど、真剣に、丁寧に演じていきたいなと思いました。

ーーいままで中条さんが演じられてきた役柄のイメージとはガラリと変わった役柄ですよね。

中条:いままではキラキラした恋愛作品やコメディ、学園もののイメージがあったと思うんですけど、今回は自分がどう映っているかを全く考えずに、ひとりの女の子に真剣に向き合いながら、寄り添っていった感覚でした。

ーー遥は中条さんご自身と近い部分はあるんですか?

中条:似ていないところもあるんですけど、似ているところもあるなと思っていて。遥は強い女性だと思うんです。一匹狼で、自分に対してストイックに競技を頑張ってきていたり、挫折したけど新しい居場所を見つけて前向きに頑張っていく姿はすごいなと。私も自分に対して負けず嫌いなところがあるというか、自分ができないことに対してすごく悔しいと思うタイプの人間なので、そういう部分は似ているなと思います。

ーーカヌーや走り高跳びなど、練習が必要な作業も多かったのではないでしょうか?

中条:カヌーは乗るまでに1カ月くらい練習して、走り高跳びの練習もすごく大変でした。けっこう短期間だったので、限られた時間の中で濃厚な時間を過ごしました。特にカヌーに関しては、自分にできる気が最初は全くしなくて。「大丈夫かな、本当に私でよかったのかな」っていう不安がすごくありました。

ーー撮影では何が最も大変でしたか?

中条:撮影したのが去年の真夏だったんですけど、カヌーのシーンが直射日光ですごく暑くて(笑)。その中で練習したり撮影したりしていたので、暑さとの戦いがとにかく大変でした。ちょっと時間ができると、みんなでカヌーに乗ったまま「日陰に逃げよう!」って言って避難したり。しかも、避難したのはいいんですけど、そのままバランスを崩して水の中に落ちちゃったりして(笑)。そうすると、衣装を乾かすところから始めなければいけないので、落ちたらそれだけのタイムロスになってしまうんです。それで落ちることの恐怖を学びました(笑)。その経験のおかげで逆に鍛えられましたね。

ーー体力的なハードルはもちろん、実話に着想を得た物語ということで、精神的な面でもより考えなければいけないこともあったと思います。

中条:私自身は健常者で自由に動き回ったりすることができるけれど、そうでない方がどういうふうに物事を見ているのかはすごく考えました。車いすの先生に、車いす生活なったときにどういう感情を抱いたのか、詳しく話を伺いました。その感情や気持ちを参考にして、自分自身もそういう気持ちを抱きながら、遥という役と向き合っていきました。自分ではない役を演じるときはいつもそうなんですけど、今回は特に“その人になる”責任を持たないといけないなと思いました。