岡田准一が平手友梨奈の救出に立ち上がる 『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』本予告公開

 2021年2月5日公開の映画『ザ・ファブル 第二章』の正式タイトルが『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』に決定し、あわせて本予告が公開された。

 累計発行部数750万部の人気を誇る南勝久のコミック『ザ・ファブル』(講談社『ヤンマガKC』刊)を映画化した2019年公開の前作は、圧倒的な強さと的確な手腕で、岡田准一演じる狙った相手を6秒以内で必ず仕留める最強の殺し屋・通称“ファブル”が、1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人・佐藤アキラとして普通の生活を送るというミッションを遂行する模様が描かれた。

 続編となる本作は、アキラがかつて助けられなかった車椅子の少女・ヒナコ(平手友梨奈)と再会するところから物語が始まる。しかし、その影には、表向きは子供を守るNPO代表だが裏では若者を平気で殺す危険な男・宇津帆(堤真一)や、凄腕の殺し屋・鈴木(安藤政信)がいて……。

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』本予告(109秒)【2月5日(金)全国公開!】

 公開された本予告では、最強の殺し屋・ファブル(岡田准一)が爆発で吹き飛ばされたドアを軽々と塀を乗り越え回避するシーンから始まり、相棒のヨウコ(木村文乃)とともに殺し屋を休業し、兄妹を装い“一般人”として平和に暮らしている様子が描かれる。やがて、ファブルは、過去の任務で唯一殺せなかった因縁の男・宇津帆(堤真一)と偶然再会する。宇津帆は、表向きは子供を守るNPO団体の代表だが、過去の事件でファブルへ恨みを持ち、復讐に燃えている男。凄腕の殺し屋・鈴木(安藤政信)とともに綿密な計画でファブルを殺そうと決意しする。また、心を閉ざした車椅子の少女・ヒナコ(平手友梨奈)が歩けなくなったキッカケとなる衝撃的なシーンや、宇津帆に阻まれながらも、誰も殺さずにヒナコを救おうと奮闘するファブルの姿も確認できる。

 今回岡田は、ファイトコレオグラファーとしてアクション制作に初期段階から携わり、アクションセンスをフルに発揮。アクションシーンに関しては、自身の出演がないシーンでも現場に入った。本予告では、団地を舞台に不安定な足場の中、縦横無尽に敵をなぎ倒す多彩なアクションや立体駐車場で制御不能な車に生身で立ち向かうカーアクションも映し出されている。

■公開情報
『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』
2021年2月5日(金)全国公開
出演:岡田准一、木村文乃、平手友梨奈、安藤政信、黒瀬純、好井まさお、橋本マナミ、宮川大輔、山本美月、佐藤二朗、井之脇海、安田顕、佐藤浩市、堤真一
原作:南勝久『ザ・ファブル』(講談社『ヤンマガKC』刊)
監督:江口カン
配給:松竹
松竹・日本テレビ共同幹事作品
(c)2021「ザ・ファブル 第二章」製作委員会
公式サイト:https://the-fable-movie.jp/
公式Twitter:@the_fable_movie
公式Instagram:@fable_movie