上野樹里、時任三郎、風間俊介、山口智子の笑顔が 『監察医 朝顔』ポスタービジュアル公開

 11月2日より放送がスタートするフジテレビ月9ドラマ『監察医 朝顔』のポスタービジュアルが公開された。

 2006年から『週刊漫画サンデー』(実業之日本社)で連載が始まり、2013年発刊の30巻をもって完結した、法医学者と刑事という異色の父娘を描いた同名医療漫画をドラマ化し、2019年夏クールに放送された『監察医 朝顔』。主人公で法医学者の万木朝顔(上野樹里)と、父でベテラン刑事の万木平(時任三郎)が、さまざまな事件と遺体に向かい合い、かたや解剖、かたや捜査で遺体の謎を解き明かし、遺体から見つけ出された“生きた証”が、生きている人たちの心まで救っていくさまを描いた。

 続編では、2019年夏クール放送の第1シーズンと同様に各話で、主人公で法医学者の万木朝顔と、父でベテラン刑事の万木平たちが、かたや解剖、かたや捜査により、さまざまな事件と遺体に相対していく。そして、同時に前作よりも深く、東日本大震災と母の死に朝顔が向き合っていく姿が描かれる。法医学教室メンバー、野毛山署の強行犯係メンバーを演じるキャストたちも続投する。

 公開されたポスターは「私たちが、探し出す。生きた証を。最後の想いを」というキャッチコピーとともに、朝顔、平、桑原(風間俊介)、興雲大学法医学教室の主任教授・夏目茶子(山口智子)が、それぞれ柔らかい光に包まれて微笑んでいる1シーンを切り取ったビジュアルとなっている。今回、本作では、2クール連続放送だからこその丁寧さで、四季の移ろいとともに朝顔たちの日々を描いていくため、この朝顔と平、桑原、茶子の4人の“秋バージョン”のポスタービジュアルに加えて、春・夏・冬バージョンと、計4パターンものビジュアルが制作された。

 春バージョンのビジュアルでは、朝顔、平、桑原、つぐみ、そして朝顔の祖父・嶋田浩之(柄本明)の5人が万木家で記念撮影を行った写真がレイアウトされている。夏バージョンでは、平、桑原、森本琢磨(森本慎太郎)、山倉伸彦(戸次重幸)ら刑事たちと、伊東純(三宅弘城)、丸屋大作(杉本哲太)の検視官2人が野毛山署に一堂に会して記念撮影を行った写真がレイアウト。そして冬バージョンでは、朝顔、安岡光子(志田未来)、高橋涼介(中尾明慶)、藤堂絵美(平岩紙)、藤堂雅史(板尾創路)、茶子ら法医学者たちが法医学教室で記念撮影をした写真がレイアウトされている。

 春夏秋冬バージョンのビジュアルは、10月26日から11月1日の期間に新宿駅(東西地下通路)と池袋駅(西武鉄道 池袋駅地下1階改札付近)に掲出される予定だ。

プロデュース・金城綾香(フジテレビ第一制作室)コメント

『監察医 朝顔』は、 上野樹里さん演じる主人公の法医・朝顔の家族や職場の人間と共に、亡くなってしまった方の最後の思いを読み解く物語で、当初から第2シーズンのポスターには、たくさんの出演者の方で作り上げたい、四季を感じさせるものにしたいと考えておりました。そのような企画を準備していた頃、新型コロナウィルスの影響を受ける春がやってきて、ポスターにより一層強いメッセージを込めたいと思うようになりました。世界中の人々が行動を制限されたり、不安を感じる日々が続いたりしています。そばに誰かがいてくれるということが、困難な状況にもなってまいりました。だからこそ、今、このドラマが伝えたいこと、そして登場人物を通して伝えたいことを、メーンビジュアルと4枚の連続のポスターに込めました。 

■放送情報
『監察医 朝顔』
フジテレビ系にて、11月2日(月)スタート 毎週月曜21:00〜放送
(2020年秋・2021年冬2クール連続)
出演:上野樹里、時任三郎、風間俊介、志田未来、中尾明慶、森本慎太郎(SixTONES)、藤原季節、斉藤陽一郎、坂ノ上茜、田川隼嗣、宮本茉由、辰巳雄大(ふぉ〜ゆ〜)、加藤柚凪、戸次重幸、平岩紙、三宅弘城、杉本哲太、板尾創路、山口智子、柄本明ほか
原作:『監察医 朝顔』(実業之日本社)
脚本:根本ノンジ
プロデュース:金城綾香
演出:平野眞、阿部雅和
制作:フジテレビ
(c)フジテレビ