有村架純が“肝っ玉姉ちゃん”として爆弾発言? 『姉ちゃんの恋人』1分PR映像公開

 10月27日よりカンテレ・フジテレビ系で放送がスタートする連続ドラマ『姉ちゃんの恋人』の特別映像が公開された。

 有村架純が主演を務めた連続テレビ小説『ひよっこ』を手がけ、2019年には紫綬褒章を受章した脚本家・岡田惠和のオリジナル脚本作となる本作は、ハロウィーンからクリスマスにかけて、女手ひとつで弟3人を養う“肝っ玉姉ちゃん”の主人公・安達桃子と個性豊かな登場人物たちが繰り広げる、恋と家族愛の物語を描いたラブ&ホームコメディー。有村が主人公の“肝っ玉姉ちゃん”安達桃子を演じ、桃子の恋の相手・吉岡真人役を林遣都が担当。また、桃子の3人の弟として、長男・和輝をKing & Princeの高橋海人、次男・優輝を日向亘、三男・朝輝を南出凌嘉がそれぞれ演じる。

【第1話PR・60秒】姉ちゃんの恋人

 このたび公開された映像は、ドラマの本編映像を盛り込んだ1分のPR映像。「あいつら幸せにするって決めたんで」と “肝っ玉姉ちゃん”桃子を象徴する言葉から始まるこの映像では、桃子と“イケかわ”3人兄弟の和輝(高橋海人)、優輝(日向亘)、朝輝(南出凌嘉)がひとつ屋根の下で繰り広げるほほ笑ましいやりとりや、桃子の恋のお相手である“ワケあり男”吉岡真人(林遣都)とのやりとりの一部を垣間見ることができる。

 劇中の真人も、そして見ている人も思わず驚く桃子の爆弾発言とは。さらに、真人の先輩で爽やかな“イケオジ”高田悟志(藤木直人)、桃子の上司で“残念美人”な市原日南子(小池栄子)、桃子の幼馴染で相談相手の浜野みゆき(奈緒)、桃子や3兄弟の親戚・川上菊雄(光石研)、そして真人の母親・吉岡貴子(和久井映見)や、桃子が働くホームセンターのにぎやかな同僚たちのいきいきとした表情も、ドラマの世界観を盛り上げている。

※高橋海人の「高」はハシゴダカが正式表記。

■放送情報
『姉ちゃんの恋人』
カンテレ・フジテレビ系にて、10月27日(火)スタート 毎週火曜21:00〜放送
出演:有村架純、林遣都、奈緒、高橋海人(King & Prince)、やついいちろう、日向亘、阿南敦子、那須雄登(美 少年/ジャニーズJr.)、スミマサノリ、井阪郁巳、南出凌嘉、西川瑞 、和久井映見、光石研、紺野まひる、小池栄子、藤木直人ほか
脚本:岡田惠和
音楽:眞鍋昭大
演出:三宅喜重(カンテレ)、本橋圭太、宝来忠昭
プロデュース:岡光寛子(カンテレ)、白石裕菜(ホリプロ)、平部隆明(ホリプロ)
制作:カンテレ、ホリプロ
(c)カンテレ
公式サイト:https://www.ktv.jp/anekoi/
公式Twitter:https://twitter.com/anekoi_tue21
公式Instagram: https://www.instagram.com/anekoi.tue21