峯田和伸と橋本マナミのこじれた恋心が 『越年 Lovers』予告編&ポスター公開

 峯田和伸(銀杏BOYZ)と橋本マナミが共演する映画『越年 Lovers』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

 岡本かの子の同名小説を映画化する本作は、雪に包まれた日本の山形、台湾の首都・台北と彰化県の海辺の町、マレーシア・クアラルンプールの3つの地で紡がれる恋の物語。台湾の女性映画監督グオ・チェンディ(郭珍弟)が脚本・監督を務めた。

 監督が山形の雪と桜にインスパイアされ撮影が決まったという日本パートでは、久しぶりに帰郷する主人公・寛一を同県山辺町出身の峯田が演じる。寛一の幼なじみで初恋相手の碧を演じるのは、山形市出身の橋本マナミ。美しい山形の雪景色の中で数10年ぶりに再会する寛一と碧の物語のほか、本作では台湾とマレーシアも舞台となり、それぞれの街で素直になれない恋心たちが描かれる。なお、台湾パートには、“ピピ”の愛称で日本でも活躍するヤオ・アイニンが出演する。

映画『越年 Lovers』予告編

 公開された予告編は、凍えそうな雪景色の中、雪にはまり動かなくなった車を動かそうとする主人公・寛一(峯田和伸)と寛一の幼なじみ・碧(橋本マナミ)が再会するシーンから始まる。「あんたら何やってんの~」と可愛らしい山形弁の葵に対し、寛一は少し驚いた様子で「……やあ」と返し、年月を経て初恋の相手に久しぶりに再会したもどかしさが感じ取れる。しかし喫茶店で寛一が昔話を持ち掛けると、碧はそっけない様子でその場を立ち去ってしまう。

 マレーシアパート、台湾パートでは、会社を出ようとしたシャオラン(ヤオ・アイニン)がエレベーター前で待ち伏せしている男・インシューにいきなりビンタされ半泣きになる様子や、亡き母の家を片付けながら「母のような人生はイヤよ」つぶやくモーリーに片づけを手伝うチェンナンが寄り添う様子が映し出される。

■公開情報
『越年 Lovers』
12月18日(金)山形・仙台先行公開
2021年早春全国公開 
出演:峯田和伸、橋本マナミ、ヤオ・アイニン(ピピ)、オスカー・チュウ(邱志宇)、ユー・ペイチェン(余佩真)、ウー・ホンシュウ(呉宏修)、菜葉菜、吉村和彬、岡野一平、結城貴史
原作:岡本かの子『越年 岡本かの子恋愛小説集』(KADOKAWA)/『老妓抄』(新潮文庫)
監督・脚本:グオ・チェンディ(郭珍弟)
プロデューサー:片原朋子、吉村和文、Jennifer JAO、Shaun CHEN 
配給:ギグリーボックス
2019年/台湾・日本/116分/中国語 日本語/シネマスコープ
(c)2019映画「越年」パートナーズ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる