クリスマスイブの渋谷が爆破 佐藤浩市主演『サイレント・トーキョー』予告編&ポスター公開

 12月4日公開の映画『サイレント・トーキョー』より、本予告とポスタービジュアルが公開された。

 

本作は、篠原涼子主演で人気を博したドラマ『アンフェア』シリーズ(フジテレビ系)の原作『推理小説』をはじめ、多くのベストセラー小説を世に送り出した秦建日子が、ジョン・レノンの名曲「Happy X-mas (War Is Over)」にインスパイアされ執筆した原作小説を映画化したサスペンス。クリスマス・イブの東京で、突如勃発した“連続爆破テロ事件”でパニックに陥る日本、そして事件へと巻き込まれていく登場人物たちの様々な思惑を、複数の視点で描き出す。

 佐藤浩市が主演を務めるほか、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼らが共演に名を連ねる。『SP 警視庁警備部警護課第四係』(フジテレビ系)の演出を手がけ、その劇場版2作品の監督を務めた波多野貴文がメガホンを取る。

 公開されたポスタービジュアルは2種。崩壊した渋谷をとらえたポスターでは、渋谷を象徴する街頭ビジョンに佐藤らキャストの物悲しげな表情が写し出されており、荒廃した街中に赤いプレゼントがひっそりと置かれている。

 一方、東京タワーをはじめ東京の名所が描かれたポスターでは、一見、美しいクリスマスの夜景をバックに登場人物が描かれたビジュアルだが、それぞれの写真のフレームに注目していくと“TOKYO IS OVER”の言葉が浮かび上がる。

映画『サイレント・トーキョー』本予告

 公開された本予告では、Awichの「Happy X-mas(War Is Over)」が奏でられる中、幸せなクリスマスの東京の日常が描かれる。しかし、連続爆破テロの容疑者・朝比奈仁(佐藤浩市)の「俺が計画を立てた」という言葉から一変、テロに晒された非日常に困惑する人々の様子が描かれる。

 「日本はテロに屈することはない」という磯山毅首相(鶴見辰吾)の演説を嘲笑うかのように犯行声明が出される中、刑事の世田志乃夫(西島秀俊)は新人刑事・泉大輝(勝地涼)とともに犯人の行方を追う。事件に巻き込まれた主婦・山口アイコ(石田ゆり子)は、爆破予告のタレコミをもとに取材に駆けつけたテレビ局の契約社員・来栖公太(井之脇海)に鬼気迫る表情で「私たちは監視されている」と訴えかける。犯行予告現場に偶然居合わせてしまった会社員・高梨真奈美(広瀬アリス)は、何者かに「私、犯人を知っています」と告白する。

 IT企業家・須永基樹(中村倫也)は犯人を追う世田と格闘の末、「あんたが殺してくれよ」と叫び、登場人物たちの怒涛のセリフがたたみかけられる。刻一刻と爆破予告のタイムリミットが迫る中、クリスマスに沸き立つ群衆は事件の物珍しさもあって続々と犯行現場である渋谷スクランブル交差点に押し寄せる。事態は混沌を極め、群衆のカウントダウンが響き渡る中、仁の「メリークリスマス」という言葉とともに渋谷が爆破される様子が描かれている。

 本作の撮影は2019年10月から12月にかけて行われ、撮影期間中のエキストラ動員数はなんと延べ1万人を動員。中でも、渋谷スクランブル交差点をほぼ原寸大で再現したセットでの撮影では1日最大1200人ものエキストラが、全国各地からセットの建設地・栃木県足利市に集結した。

■公開情報
『サイレント・トーキョー』
12月4日(金)全国ロードショー  
出演:佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼ほか 
原作:秦建日子『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』(河出文庫刊) 
監督:波多野貴文
脚本:山浦雅大
エンディングソング:Awich「Happy X-mas (War Is Over)」
配給:東映
(c)2020 Silent Tokyo Film Partners
公式サイト:silent-tokyo.com
公式Twitter:@SilentTokyo2020
公式 Instagram:@silent_tokyo2020