伊藤健太郎が源氏物語の世界へタイムスリップ 『十二単衣を着た悪魔』予告編&ビジュアル公開

 11月6日公開の映画『十二単衣を着た悪魔』より、予告編とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、脚本家・小説家の内館牧子による長編小説『十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞』を、女優の黒木瞳が監督を務め実写映画化したトリップエンターテインメント。

 主演映画『今日から俺は!!劇場版』が大ヒット中の伊藤健太郎が、就職試験59連敗中の実家暮らしのフリーター・伊藤雷役で主演を務める。そして、自身の美しさと比類なき意思の強さでまるで“悪魔”と例えられることもある弘徽殿女御役で、『犬鳴村』『Daughters』の三吉彩花が出演。そのほか、伊藤沙莉、戸田菜穂、ラサール石井、伊勢谷友介、山村紅葉、笹野高史、そして田中偉登、沖門和玖、細田佳央太、先日発表されたMIO、YAE、手塚真生、LiLiCo、村井良大、兼近大樹(EXIT)らが共演に名を連ねる。

 公開されたビジュアルでは、平安時代の色合いや再現にこだわり抜かれた衣裳に身を包む伊藤、三吉らキャストの姿が捉えられている。

伊藤健太郎主演映画『十二単衣を着た悪魔』予告編

 予告編は、就職活動もうまくいかない、彼女にもフラれ、家にも居場所がない、落ちこぼれの伊藤雷が、バイト先でもらった『源氏物語』のパンフレットを手に雷に打たれ、目が覚めると『源氏物語』の世界へタイムスリップするシーンから始まる。やがて、弘徽殿女御(三吉彩花)、恋に落ちる倫子(伊藤沙莉)ら様々な人々と関わることで、自分の進むべき未来を見つけようともがいていくさまが、OKAMOTO’S が歌う主題歌「History」とともに描かれている。

■公開情報
『十二単衣を着た悪魔』
11月6日(金)より、新宿ピカデリーほか全国公開
出演:伊藤健太郎、三吉彩花、伊藤沙莉、田中偉登、沖門和玖、戸田菜穂、細田佳央太、ラサール石井、伊勢谷友介、山村紅葉、笹野高史
原作:『十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞』(幻冬舎文庫)
監督:黒木瞳
脚本:多和田久美
音楽:山下康介
雅楽監修:東儀秀樹
主題歌:OKAMOTO’S 「History」(Sony Music Labels)
制作・配給:キノフィルムズ
(c)2019「十二単衣を着た悪魔」フィルムパートナー
公式サイト:juni-hitoe.jp
公式Twitter:12hitoe_movie
公式Instagram:12hitoe_movie