宿敵のドラゴンを追い求める“覚者”イーサンの姿が Netflix『ドラゴンズドグマ』予告編公開

宿敵のドラゴンを追い求める“覚者”イーサンの姿が Netflix『ドラゴンズドグマ』予告編公開

 9月17日より独占配信されるNetflixオリジナルアニメシリーズ『ドラゴンズドグマ』より、予告編、キーアート、新場面写真が公開された。

 本作は、2012年にカプコンより発売され、全世界累計530万本の販売を記録している(2020年6月30日時点)、世界的な人気を誇るオープンワールドの同名アクションゲームをアニメ化したもの。己の心臓を奪ったドラゴンに復讐を果たすため、“覚者(かくしゃ)”として蘇った主人公が、七つの大罪を意味するモンスターを倒しながらドラゴンに挑む。シリーズは7つの大罪にちなみ、全7話構成になっている。

 100年以上の時を経て突如姿を現したドラゴンは、カサディスの村を焼き尽くした。愛する家族を守ろうとドラゴンに立ち向かうイーサンだったが、ドラゴンによって自らの心臓を奪われてしまう。絶命したかに思われたイーサンは“覚者”となり蘇り、イーサンのもとに突然現れたポーン(“従者”)のハンナとともに、心臓を取り戻すための旅に出る。旅を続けながら、イーサンは七つの大罪を体現するモンスターとの戦いを繰り広げていくことになるが、モンスターを倒すたびに、彼自身もまた少しずつ人間性を失っていくことになろうとは、まだ知る由もなかった……。

 公開されたキーアートでは、剣を構えたイーサンと、右手に魔法を宿したハンナの勇ましい姿が切り取られており、背後には、モンスターたちの不気味な影も確認できる。

 予告編は、暗雲とともに現れ街を焼き尽くすドラゴンが舞う中、全てを奪われ絶望の表情を見せる主人公の”覚者”イーサンの姿から始まる。やがてポーン(“従者”)のハンナとともに、次々と現れる凶暴なモンスターたちと対峙する中、徐々にその形相が変わり始めるイーサンの様子や、「我の元に来るがよい。待っておるぞ」と不気味なドラゴンの声が響く中、号泣しながら「まだ生きている行かないと」とイーサンが叫ぶシーンが描かれている。

 場面写真では、イーサンとハンナの旅路の様子や戦いのシーンが切り取られている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■配信情報
『ドラゴンズドグマ』
Netflixにて、9月17日(木)より全世界独占配信
原作:CAPCOM
監督・演出:須貝真也
エグゼクティブプロデューサー:櫻井大樹(Netflix)
共同プロデューサー:小林裕幸(CAPCOM)、北原隆(CAPCOM)
脚本:砂山蔵澄
キャラクターデザイン:西村郁
アニメーション制作:サブリメイション
作品ページ:https://www.netflix.com/dragons_dogma

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アニメ情報」の最新記事

もっとみる