『最強のふたり』監督最新作『スペシャルズ!』9月公開へ V・カッセルとR・カテブがバディに

『最強のふたり』監督最新作『スペシャルズ!』9月公開へ V・カッセルとR・カテブがバディに

 『最強のふたり』のエリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ監督作『The Specials(英題)』が、『スペシャルズ! ~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~』の邦題で9月11日より公開されることが決定。あわせて日本版予告編とビジュアルが公開された。

 本国フランスでは動員数200万人を突破、スペインのサンセバスチャン国際映画祭では過去最高得点で観客賞に輝き、セザール賞では9部門にノミネートされた本作は、実話に基づく人間ドラマ。

 主演を務めるのは、『ジェイソン・ボーン』や『ブラック・スワン』などハリウッド映画でも活躍するヴァンサン・カッセル。本作では政府や社会から理解を得るため見返りを求めず奮闘するケア施設の代表を演じる。共演にはジャック・オーディアールやヴィム・ヴェンダースの作品で活躍するレダ・カテブ。そして本物の介護者と自閉症の若者、その家族らが多数キャスティングされている。

 本作の主人公も『最強のふたり』と同じく、実在するふたりの男たちがモデル。1994年に自閉症の子どもたちやドロップアウトした若者の社会参加を支援する団体と出会ったナカシュとトレダノは、携わる人々から湧き出る活力やにじみ出る人間らしさに深く感動。当時まだ駆け出し監督だった2人は、必ず彼らを映画化すると心に誓い、約25年の時を経て実現に漕ぎつけた。ナカシュは「この出会いがきっかけで、僕らのハンディキャップやノーマライゼーションに対する関心は強くなっていった。そこから『最強のふたり』も生まれたんだ」と語っている。

 ポスタービジュアルには、ブリュノ(ヴァンサン・カッセル)とマリク(レダ・カテブ)の2ショットが切り取られ、「愛はどうだ!」とキャッチコピーが添えられている。

映画『スペシャルズ! ~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~』予告編

 あわせて公開された予告編では、課題を抱えながらも和気あいあいとしたケア施設での様子ややり取りが映し出される。ところが、四角四面な厚生省の無理解により閉鎖が示唆されるや、問題が一気にあらわになる。

■公開情報
『スペシャルズ! ~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~』
9月11日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国順次ロードショー
出演:ヴァンサン・カッセル、レダ・カテブ 、エレーヌ・ヴァンサン
監督・脚本:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ
制作:ニコラ・デュヴァル・アダソフスキ
配給:ギャガ
2019年/フランス/114分/フランス語/カラー/シネスコ/字幕翻訳:丸山垂穂/映倫:G/原題:Hors Normes(英題:The Specials)
(c)2019 ADNP – TEN CINEMA – GAUMONT – TF1 FILMS PRODUCTION – BELGA PRODUCTIONS – QUAD+TEN
公式サイト:gaga.ne.jp/specials
公式Twitter:@specials_movie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ