アカデミー賞ノミネート短編作のその後を描く スペイン・フランス合作『おもかげ』10月公開決定

アカデミー賞ノミネート短編作のその後を描く スペイン・フランス合作『おもかげ』10月公開決定

 スペイン・フランス合作映画『Madre(原題)』が、『おもかげ』の邦題で10月に公開されることが決定した。

 幼い息子を失ったひとりの女性の希望と再生の旅路を描いていく本作は、スペインの新鋭ロドリゴ・ソロゴイェン監督が2017年に製作した、第91回アカデミー賞短編実写映画賞にもノミネートされた15分の短編映画『Madre(原題)』のその後を描いた物語。短編に続き、ソロゴイェン監督がメガホンを取り、短編を本作のオープニングシーンとして採用している。

 2019年のヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門に選出され、主人公エレナを演じたマルタ・ニエトが主演女優賞を受賞したほか、スペインで4つもの主演女優賞を獲得した。エレナの息子の面影をまとう少年・ジャンを、本作が長編映画3作目となるジュール・ポリエが演じる。

 エレナは離婚した元夫と旅行中の6歳の息子から「パパが戻ってこない」という電話を受ける。ひと気のないフランスの海辺から掛かってきた電話が、息子の声を聞いた最後だった。10年後、エレナはその海辺のレストランで働いていた。ある日、息子の面影を宿したフランス人の少年ジャンと出会う。エレナを慕うジャンは彼女の元を頻繁に訪れるようになるが、そんな2人の関係は、周囲に混乱と戸惑いをもたらしていった。

 公開されたポスタービジュアルでは、浜辺に佇むエレナとジャンの表情が切り取られている。

映画『おもかげ』予告編

 予告編は、エレナと息子・イバンの電話のやり取りから始まり、エレナとジャンの出会い、エレナの恋人やジャンを慕う少女、ジャンの家族など周囲の人物に混乱と戸惑いの波紋が広がっていく様子が描かれていく。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『おもかげ』
10月、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー
監督・脚本:ロドリゴ・ソロゴイェン
共同脚本:イサベル・ペーニャ
撮影:アレックス・デ・パブロ
製作:マリア・デル・プイ・アルバラド
出演:マルタ・ニエト、ジュール・ポリエ、アレックス・ブレンデミュール、アンヌ・コンシニ、フレデリック・ピエロ
配給:ハピネット
協賛:スペイン大使館
後援:インスティトゥト・セルバンテス東京
原題:Madre/2019年/スペイン、フランス/カラー/シネマスコープ/129分/5.1ch/スペイン語、フランス語/字幕翻訳:柏野文映、手塚雅美
(c)Manolo Pavón
公式サイト:omokage-movie.jp
公式Twitter:@omokage_movie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ